[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-iuy1.jpg
420×420、 29.2KB
伝統的工芸品和紙:中部地方内山紙(うちやまがみ)長野県
障子紙(内山紙)
内山紙の起源は、17世紀中ごろで、後に改良が加えられ、凍皮、雪ざらしの独特の技法が確立された。製品は、障子紙など。原料は、和紙原料の中で最も強じん性をもつコウゾを使用。ねりにトロロアオイ。主な技法は、紙すき、乾燥。主な産地:長野県/飯山市。

静止画
x-iuy2.jpg
530×400、 45.7KB
伝統的工芸品和紙:中部地方内山紙(うちやまがみ)長野県
障子紙と半紙
内山紙の起源は、17世紀中ごろで、後に改良が加えられ、凍皮、雪ざらしの独特の技法が確立された。製品は、障子紙など。原料は、和紙原料の中で最も強じん性をもつコウゾを使用。ねりにトロロアオイ。主な技法は、紙すき、乾燥。主な産地:長野県/飯山市。

静止画
x-iuy3.jpg
420×420、 19.5KB
伝統的工芸品和紙:中部地方内山紙(うちやまがみ)長野県
障子紙大判
内山紙の起源は、17世紀中ごろで、後に改良が加えられ、凍皮、雪ざらしの独特の技法が確立された。製品は、障子紙など。原料は、和紙原料の中で最も強じん性をもつコウゾを使用。ねりにトロロアオイ。主な技法は、紙すき、乾燥。主な産地:長野県/飯山市。