[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
b11st1.jpg
600×400、 42.0KB
オーケストラの楽器弦楽器弦楽器の基礎知識
弦楽器の種類
弦楽器とは、弦の振動によって音を発生する楽器の総称である。弓との摩擦で音を出す楽器で、バイオリン族などを表す。他にハープ、ギターなど弦をはじくもの、ピアノなどのように弦をたたいて音を出す楽器などがある。

静止画
b12st2.jpg
600×400、 53.9KB
オーケストラの楽器弦楽器弦楽器の基礎知識
古代の弦楽器
弦楽器の歴史は古く、ハープなどは紀元前三千年前のエジプトなどで知られており壁画や伝説が残る。単純なものは狩猟用の弓から発展したと考えられる楽弓で、他のほとんどは共鳴体で音を増幅させる構造になっている。

動画
b14st4.mpg
320×240、 2.73MB

オーケストラの楽器
弦楽器弦楽器の基礎知識
弦楽器の音の出し方
弦楽器の奏法は、一般的にはバイオリンのように弓で弦をこすり、その摩擦で音を出す方法やギターなどのように指で弦を弾いて演奏する方法がある。また、ピアノのようにハンマーで弦をたたく方法もある。
関連資料
b14st4g1.jpg
オーケストラの楽器弦楽器弦楽器の基礎知識 弦楽器の音の出し方
弦楽器の音の出し方の解説動画シーンの拡大静止画1
関連資料
b14st4g2.jpg
オーケストラの楽器弦楽器弦楽器の基礎知識 弦楽器の音の出し方
弦楽器の音の出し方の解説動画シーンの拡大静止画2
関連資料
b14st4g3.jpg
オーケストラの楽器弦楽器弦楽器の基礎知識 弦楽器の音の出し方
弦楽器の音の出し方の解説動画シーンの拡大静止画3

静止画
b15st5.jpg
600×400、 43.6KB
オーケストラの楽器弦楽器弦楽器の基礎知識
弦の振動
両端が固定された弦は、演奏された時、図のように様々な振動が生み出され音を発生する。異なった弦楽器がいろいろな音色を発するのは、この振動の形が各楽器で異なっているからで、音色の特徴を決めるものである。

静止画
b16st6.jpg
600×400、 49.4KB
オーケストラの楽器弦楽器弦楽器の基礎知識
音の高さを変えるには
音程を変えるには弦の振動する長さを変える。bに対してaは振動する弦が短いため、より高い音がでる。奏者は弦を指で押さえ、振動する長さを変えて音程を決める。ピアノは音の数だけ長さ(太さ)の違う弦がある。