[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
b10fg1.jpg
600×400、 47.0KB
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット
ファゴットの原形
ファゴット(バスーンとも呼ばれる)は、17世紀にショムー、クタールなどから発展したと言われている。19世紀にドイツの楽器製作者がキイ構造の仕組みを発展させ、今日に至った。

静止画
b10fg2.jpg
600×400、 45.9KB
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット
ファゴットの構造
低い音域を出す為に管は長くなり持ち運びも困難なため、楽器を三〜四つの部分に分け、各部を演奏時にU字形に組み立てる。複雑なキイ構造を持ち、リードはオーボエと同じ二枚のリードを使用する。

静止画
b10fg3.jpg
600×400、 52.7KB
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット
ファゴットの種類
標準ファゴットの低音域はオーケストラの響きに力強さを与え、テナー歌手の音域にあたる高音域は独奏メロディによく使われる。他に、標準ファゴットより1オクターブ低い音域をもつコントラファゴットがある。

動画
b11fg1.mpg
320×240、 2.62MB

オーケストラの楽器
木管楽器ファゴット
ファゴットの音色1
ファゴットは低く響く音色にも、二枚リード独特の緊張感がある。昔は管が長いため音程が不正確で、様々な指使いが工夫されていたが、現在は複雑なキイ構造でそれが解消されている。(「おじいさんの古時計」より)
関連資料
b11fg1g1.jpg
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット ファゴットの音色1
ファゴットの音色1の演奏シーンの拡大静止画1
関連資料
b11fg1g2.jpg
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット ファゴットの音色1
ファゴットの音色1の演奏シーンの拡大静止画2
関連資料
b11fg1g3.jpg
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット ファゴットの音色1
ファゴットの音色1の演奏シーンの拡大静止画3

動画
b12fg2.mpg
320×240、 2.70MB

オーケストラの楽器
木管楽器ファゴット
ファゴットの音色2
ファゴットは明るく軽快なメロディの演奏でもゆたかな表現力が発揮されている。このモーツァルト作曲のファゴット協奏曲はファゴットのための協奏曲の中で特に有名である。
関連資料
b12fg2g1.jpg
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット ファゴットの音色2
ファゴットの音色2の演奏シーンの拡大静止画1
関連資料
b12fg2g2.jpg
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット ファゴットの音色2
ファゴットの音色2の演奏シーンの拡大静止画2
関連資料
b12fg2g3.jpg
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット ファゴットの音色2
ファゴットの音色2の演奏シーンの拡大静止画3

動画
b13cfg.mpg
320×240、 2.89MB

オーケストラの楽器
木管楽器ファゴット
コントラファゴットの音色
非常に低い音域を持つコントラファゴットは、管の長さも長く、楽器も大きく重くなるため、床において演奏する。その低い音にもかかわらず柔らかく、幅の広い音色をもつ。
関連資料
b13cfgg1.jpg
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット コントラファゴットの音色
コントラファゴットの音色の演奏シーンの拡大静止画1
関連資料
b13cfgg2.jpg
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット コントラファゴットの音色
コントラファゴットの音色の演奏シーンの拡大静止画2
関連資料
b13cfgg3.jpg
オーケストラの楽器木管楽器ファゴット コントラファゴットの音色
コントラファゴットの音色の演奏シーンの拡大静止画3