[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
d1cha1.jpg
600×400、 59.7KB
技術木材木の特徴
年輪
木の幹を輪切りにすると、年輪が見えます。年輪は、木が一年間に成長した幅を表しています。幹の中心にある柔らかい部分を髄、中心部の色の濃い部分を心材、周辺部の色の薄い部分を辺材といいます。

静止画
d1cha2.jpg
600×400、 53.1KB
技術木材木の特徴
まさ目と板目
木材の切り出し方によって、まさ目材と板目材ができます。まさ目板は、輪切りにした木の芯に向かって直角に板どりをしたものです。板目板は芯に対して平行に板どりをしたものです。

静止画
d1cha3.jpg
600×400、 55.6KB
技術木材木の特徴
木表と木裏
樹皮に近い側を木表、樹心に近い側を木裏といいます。木表は、木裏に比べて模様が美しく見えるので、多くの場合、木表が表面になるように利用されます。板は、乾燥すると木表側に反る傾向があります。

静止画
d1cha4.jpg
600×400、 52.5KB
技術木材木の特徴
こばとこぐち
こばは、木材の繊維方向と平行に切った切断面です。こぐちは、木材の繊維方向と直角に切った切断面です。