[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
u1ec01.jpg
600×400、 56.5KB
私たちの生活と印刷より速く、より広く本を身近に(2)月刊誌
キング
「キング」は1925年(大正4年)、新しい国民的大衆紙として生まれた。その創刊号のキャッチフレーズは、「日本一面白い!日本一ためになる!日本一の大部数!」というものだった。

静止画
u1ec02.jpg
600×400、 68.4KB
私たちの生活と印刷より速く、より広く本を身近に(2)月刊誌
キング(中面1)
内容は従来とは異なり、天下国家論から連載小説、落語・講談、実用知識に新知識、格言など多種多様に渡り、娯楽7道徳3の比率で構成され、大衆の多用な欲望を満たすものであった。

静止画
u1ec03.jpg
600×400、 67.9KB
私たちの生活と印刷より速く、より広く本を身近に(2)月刊誌
キング中面(目次)
子供からお年寄りまでを読者とし、マンガ家の田川水泡から菊池寛、吉川英治といった有名作家をそろえ、その売れ行きは100万部を突破する人気を博した。大正末期の一大雑誌ブームの火つけ役となった。