[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
u1bb01.jpg
400×600、 116.3KB
私たちの生活と印刷印刷との出会い民衆の祈り(1)麻疹(ましん)絵・疱瘡(ほうそう)絵
麻疹(ましん)絵「麻疹養生弁」
麻疹(ましん)とは、はしかのことで江戸時代人々にもっとも恐れられていた伝染病であった。これにかかるとなおす薬がなかったので、かからないためのお守りとして売り出されたのが麻疹絵である。

静止画
u1bb02.jpg
400×600、 112.2KB
私たちの生活と印刷印刷との出会い民衆の祈り(1)麻疹(ましん)絵・疱瘡(ほうそう)絵
麻疹絵「はしか童子退治図」
図柄は、英雄の姿や麻疹(ましん)が退治されているところ、また病気全快の様子を描いたものなど多くある。この麻疹絵では「はしか童子」を退治しているところが描かれている。

静止画
u1bb03.jpg
400×600、 65.1KB
私たちの生活と印刷印刷との出会い民衆の祈り(1)麻疹(ましん)絵・疱瘡(ほうそう)絵
疱瘡(ほうそう)絵「桃太郎」
これは疱瘡(ほうそう)絵である。疱瘡とは今でいう天然痘のことで、これも江戸時代には特効薬がない伝染病だったため、人々は疱瘡をおいはらってくれるように強い英雄(えいゆう)や豪傑(ごうけつ)の絵をはって祈った。

静止画
u1bb04.jpg
400×600、 60.0KB
私たちの生活と印刷印刷との出会い民衆の祈り(1)麻疹(ましん)絵・疱瘡(ほうそう)絵
疱瘡(ほうそう)絵「鯛車」
病気をおいはらう力があると信じられていた赤一色なのが特徴である。これは、縁起のよい語呂合わせとして「めでたい」を意味する鯛車(たいぐるま)を描いた疱瘡(ほうそう)絵。

静止画
u1bb05.jpg
400×600、 90.3KB
私たちの生活と印刷印刷との出会い民衆の祈り(1)麻疹(ましん)絵・疱瘡(ほうそう)絵
疱瘡(ほうそう)治療の絵
この絵のように、疱瘡(ほうそう)にかかると疱瘡絵を枕屏風(まくらびょうぶ)などにはった。その図柄としては、英雄豪傑や縁起のよい鯛や宝船などを描いたものが多く残されている。