[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
u1cg01.jpg
400×600、 76.7KB
私たちの生活と印刷文字を活かす活字というしくみ(2)組版
組版と作業用具(組版)
一文字一文字がバラバラな活字を、印刷するための版にまとめる技術を組版という。原稿を見ながら活字を選び、拾っていき、1ページ分が組み終わったら、解版糸(かいはんいと)で結び、固定するのである。

静止画
u1cg02.jpg
600×400、 50.7KB
私たちの生活と印刷文字を活かす活字というしくみ(2)組版
組版と作業用具(込め物1)
これは活版印刷で文章を組む際に必要な込め物類でである。活字や罫の間に印刷されない余白部分を作るために使うもので、活字よりも高さが低くなっている。

静止画
u1cg03.jpg
600×400、 44.4KB
私たちの生活と印刷文字を活かす活字というしくみ(2)組版
組版と作業用具(込め物2)
これらの込め物類は、2ページ以上の組版を一度に印刷する場合に、版と版の間を調節するために使うものである。