[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
u1cd01.jpg
400×600、 51.3KB
私たちの生活と印刷文字を活かす社会を治める
ヘボン和英語林集成(表紙)
この「和英語林集成」(わえいごりんしゅうせい)は西洋人が日本を理解するためにアメリカ人の宣教師ジェームズ・ヘボンによって編纂(へんさん)された。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
u1cd02.jpg
600×400、 85.2KB
私たちの生活と印刷文字を活かす社会を治める
ヘボン和英語林集成(中面)
この本は、1867年に上海(しゃんはい)の美華書館で出版された日本語としては初の和英辞書である。編者のジェームズ・ヘボンによってアルファベットで表記された日本語は、その後のローマ字表記の基本となった。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
u1cd03.jpg
600×400、 46.6KB
私たちの生活と印刷文字を活かす社会を治める
モリソン英中字典(扉)
この英中字典は、ロバート・モリソンによって中国でのキリスト教伝導のために、編纂(へんさん)されたものである。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
u1cd04.jpg
600×400、 56.6KB
私たちの生活と印刷文字を活かす社会を治める
モリソン英中字典(中面)
1822年に編纂(へんさん)されたこの字典は、印刷されたものとしては最古の英中字典である、とされている。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
u1cd05.jpg
400×600、 60.7KB
私たちの生活と印刷文字を活かす社会を治める
群書治要(表紙)
これは、徳川家康が将軍を引退し、現在の静岡市である駿府(すんぷ)に移ってから、銅活字を使って作らせた書籍である。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
u1cd06.jpg
600×400、 67.7KB
私たちの生活と印刷文字を活かす社会を治める
群書治要(序)
全47冊で1616年に出版されたが、家康はその完成の前になくなった。またこの時使われた銅活字を、一般的には駿河版(するがばん)銅活字と呼んでいる。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
u1cd07.jpg
400×600、 89.2KB
私たちの生活と印刷文字を活かす社会を治める
群書治要(周易)
その内容は、中国の古い書物から政治を行うのに役立つ話を拾い集めまとめたもので、政治の参考書ともいえるものである。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)