[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
i-cs5a.jpg
600×400、 58.4KB
情報コンピュータの利用未来のコンピュータ
次世代マウス
ユーザの手が直接触れることを利用し、今まで以上の機能をマウスに搭載することができます。例えば、指紋を認識しパスワードを使わない個人認証を可能にしたり、発汗、脈拍、血圧、体温などを測定しコンピュータがユーザの健康を気遣うなどが考えられます。

静止画
i-cs5b.jpg
600×400、 66.0KB
情報コンピュータの利用未来のコンピュータ
ウェアラブルコンピュータ
コンピュータを身に着けるのも間近です。腕時計型コンピュータや眼鏡型ディスプレイ、超小型になったマイクやカメラといった入力装置や記憶装置を使用します。また、GPS(Global Positioning System)により地図上の位置を認識できます。

静止画
i-cs5c.jpg
600×400、 70.6KB
情報コンピュータの利用未来のコンピュータ
インターネット家電
各種の家電製品は、インターネットに接続することにより多くの便利な機能が加わりつつあります。特に冷蔵庫は、常に電源が入っていることから、研究開発の対象となっています。

静止画
i-cs5d.jpg
600×400、 74.3KB
情報コンピュータの利用未来のコンピュータ
未来型住宅
未来の住宅では家全体の機能が集中管理され、インターネットにも接続されています。遠隔地から家中の機器を制御したり、家主のみを受付けるセキュリティシステム、居ながらにしての医療サービスなどが可能になると考えられます。