[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
i-hs2a.jpg
600×400、 41.8KB
情報ハードウェア技術入力装置
キーボード
キーボードは、文字を打鍵して入力する装置です。基本的には、フルキーと呼ばれるアルファベット中心のキー群と、テンキーと呼ばれる数値中心のキー群で構成されます。最近は、人間工学に基づいてレイアウトされたものもあります。

静止画
i-hs2b.jpg
600×400、 41.1KB
情報ハードウェア技術入力装置
キーボード入力のしくみ
キーボード内のプロセッサは、常時キーの状態を調べており(スキャン)、キーが押されると独自のスキャンコードを生成します。スキャンコードはコンピュータ本体のBIOS(Basic Input/Output System)で、ASCIIコードに変換されます。

動画
i-hs2c.mpg
320×240、 968.4KB

情報
ハードウェア技術入力装置
マウスの構造
マウスを移動するとマウス内に組み込まれたボールが転がり、スリットのあるローラが回転します。ローラの回転によりスリットがフォトセンサの受ける光をさえぎることでパルスを発生し、それにより移動量を計算します。

静止画
i-hs2d.jpg
600×400、 23.2KB
情報ハードウェア技術入力装置
タブレット
タブレットは、専用台の上を鉛筆のようなポインティングデバイスでなぞることで座標を入力する装置です。CG(Computer Graphics)作成などに使用します。

静止画
i-hs2e.jpg
600×400、 23.8KB
情報ハードウェア技術入力装置
トラックボール
トラックボールは、ボールを直接手で転がすことにより座標を入力する装置です。マウスとは異なり、装置そのものの移動を必要としないのが特徴です。

静止画
i-hs2f.jpg
600×400、 28.6KB
情報ハードウェア技術入力装置
ジョイスティック
ジョイスティックは、主にゲームでの使用を目的とした入力装置です。用途に応じて操縦桿など、様々な形態があります。

静止画
i-hs2g.jpg
600×400、 32.1KB
情報ハードウェア技術入力装置
スキャナ
スキャナは画像を光学的に読み取る入力装置です。代表的なものとして、紙などにかかれた情報を読み込むイメージスキャナとカメラのフィルムから読み込むフィルムスキャナがあります。

静止画
i-hs2h.jpg
600×400、 62.1KB
情報ハードウェア技術入力装置
タッチパネル
タッチパネルはCRT前面に装着することで、コンピュータから表示された映像を指で直接触れるような感覚で操作できる座標入力装置です。触れた部分の検出方法には、タッチパネル上にいくつもの電極を並べる方法があります。他に赤外線や超音波を用いて検出する方法もあります。