[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
i-ms3a.mpg
320×240、 2.59MB

情報
マルチメディア表現2D表現
ドロー系とペイント系の操作の違い
ドロー系のソフトは、基本図形を描き拡大や回転をする操作で画像を作成します。データは、基本図形が単位となります。ペイント系ソフトは、筆や消しゴムのような機能のカーソルを操作して画像を作成します。データは画素が単位となります。

動画
i-ms3b.mpg
320×240、 2.26MB

情報
マルチメディア表現2D表現
ドロー系とペイント系の画像の違い
ドロー系のソフトは、基本図形をデータの単位として扱います。拡大しても形状を保ちますが、細かな表現はできません。ペイント系のソフトは、画素をデータの単位として扱います。細かな表現が可能ですが、拡大すると境界部などの粗さが目立ちます。