[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
i-ms1a.jpg
600×400、 245.0KB
情報マルチメディア表現色の表現
2値画像
2値画像とは、最も単純なディジタル画像で、0(黒)と1(白)のみで表現される画像です。色の表現能力はありませんがファイルサイズが小さく、線画などに用いられます。この画像のビットマップファイルサイズは30KBです。

静止画
i-ms1b.jpg
600×400、 72.3KB
情報マルチメディア表現色の表現
グレースケール画像
グレースケール画像とは、一般的に白黒画像やモノクロ画像と呼ばれる画像です。白から黒までを256階調で表現しますが、色情報はもちません。この画像のビットマップファイルサイズは236KBです。

静止画
i-ms1c.jpg
600×400、 259.9KB
情報マルチメディア表現色の表現
8色カラー画像
8色カラー画像とは、光の三原色であるRGB(赤緑青)それぞれに、0(OFF)と1(ON)をもたせることにより、8色の表現が可能な画像です。8色とは、黒・青・赤・緑・赤紫・水色・黄色・白のことです。この画像のビットマップファイルサイズは118KBです。

静止画
i-ms1d.jpg
600×400、 146.0KB
情報マルチメディア表現色の表現
256色カラー画像
256色カラー画像とは、一般的なパソコンが基本的にもっている256色を使用して表現する画像です。8色カラーより実物に近い表現ができますが、フルカラーほど微妙な色合いは表現できません。この画像のビットマップファイルサイズは236KBです。

静止画
i-ms1e.jpg
600×400、 80.9KB
情報マルチメディア表現色の表現
フルカラー画像
フルカラー画像とは、光の三原色であるRGB(赤緑青)それぞれに256階調をもたせることにより、256の3乗=約1670万色表現可能な画像です。認識可能な色数を満たしておりトゥルーカラーとも呼ばれます。この画像のビットマップファイルサイズは704KBです。

静止画
i-ms1f.jpg
600×400、 56.7KB
情報マルチメディア表現色の表現
表示に差が出る理由
フルカラーと8色カラーで、同じ画像を表現しようとすると、8色カラーは少ない色で多くの色を表現しようとするので、フルカラーに比べてザラザラした印象を受けます。

静止画
i-ms1g.jpg
600×400、 46.0KB
情報マルチメディア表現色の表現
階調を選択する際の注意
コンピュータによって、表現できる色数は異なります。色彩豊富なフルカラーで作成した画像も、256色しか表現できないコンピュータで表示すると、かえって見づらい画像となってしまうことがあります。

動画
i-ms1h.mpg
320×240、 769.7KB

情報
マルチメディア表現色の表現
色の3原色
色の3原色は、イエロー、マゼンタ、シアンです。イエローとマゼンタを混ぜるとレッドに、マゼンタとシアンを混ぜるとブルーに、イエローとシアンを混ぜるとグリーンになります。すべてを混ぜると黒になります。

動画
i-ms1i.mpg
320×240、 895.9KB

情報
マルチメディア表現色の表現
光の3原色
光の3原色は、レッド、グリーン、ブルーです。レッドとグリーンを混ぜるとイエローに、グリーンとブルーを混ぜるとシアンに、レッドとブルーを混ぜるとマゼンタになります。すべてを混ぜると白になります。

静止画
i-ms1j.jpg
600×400、 57.4KB
情報マルチメディア表現色の表現
混色のしくみ
色を表現するための混色のしくみは、色と光で異なります。色の3原色の場合は色の引き算を原理とする減法混色で、混色の結果はもとの色よりも暗くなります。光の3原色の場合は色の足し算を原理とする加法混色で、混色の結果はもとの色よりも明るくなります。

静止画
i-ms1k.jpg
600×400、 53.3KB
情報マルチメディア表現色の表現
ディスプレイとプリンタの混色の相違
CRTなどのディスプレイとプリンタは、色を表現するための混色のしくみが異なります。ディスプレイは光の3原色を利用した加法混色で色を生成します。プリンタは色の3原色を利用した減法混色で色を生成します。