[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
i-ms6a.jpg
600×400、 60.6KB
情報マルチメディア表現加工技術
明度を変更した画像
明度とは、画像の明るさの度合いのことです。明度を変えることで画面全体を明るくしたり暗くしたりすることができます。

静止画
i-ms6b.jpg
600×400、 73.6KB
情報マルチメディア表現加工技術
コントラストを変更した画像
コントラストとは、明暗のきわだちの程度のことです。コントラストを高くするとメリハリが効くことになりますが、高すぎるとギラついた映像になります。コントラストを低くすると、濃淡が乏しい映像になります。

静止画
i-ms6c.jpg
600×400、 50.6KB
情報マルチメディア表現加工技術
ぼかしをかけた画像
ぼかしとは、隣り合った画素の濃度差を少なくすることで映像全体をぼかす技法のことです。一般的にペイントソフトで「フィルタ」として提供されています。

静止画
i-ms6d.jpg
600×400、 56.7KB
情報マルチメディア表現加工技術
モザイクをかけた画像
モザイクとは、タイルなどの細片を並べて表した絵のように見える特殊な効果を加える技法のことです。一般的にペイントソフトで「フィルタ」として提供されています。

静止画
i-ms6e.jpg
600×400、 39.0KB
情報マルチメディア表現加工技術
モザイクの効果の原理
正方形状に隣り合った画素同士の色や明るさの平均値を計算し、それらの画素をその平均値の色や明るさに置き換えることによりモザイクの処理が行われます。

動画
i-ms6f.mpg
320×240、 1.52MB

情報
マルチメディア表現加工技術
明度、彩度、色相の調整
コンピュータで扱う色は、明度、彩度、色相によって簡単に調整できます。明度の調整により明るくしたり暗くしたりします。彩度の調整により濃くしたり淡くしたりします。色相の調整によって色合いを選択できます。

静止画
i-ms6g.jpg
600×400、 47.7KB
情報マルチメディア表現加工技術
画像の加工による表現
ディジタルデータとしてコンピュータに取り込んだ画像は、加工技術を使って簡単に加工することができます。例えばこの例のように、画像全体の明度やコントラストを調整して、背景にぼかしを使うといった方法で、失敗写真でも見栄えのよい写真に修正することができます。