[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
i-ss5a.mpg
320×240、 2.33MB

情報
ソフトウェア技術ソフトウェア開発技法
KJ法の流れ
KJ法(KJは川喜田二郎氏の頭文字)は、創造性開発技法の一つで次のようなステップで作業を進めます。各メンバーの意見をカードに書き、似た意見をグループ化し、グループ同士の関連を図解します。最後に、図解を基にメンバーの意見をまとめ文書化します。