[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
f1gok.jpg
600×400、 256.5KB
環境指標となる生き物土壌にすむ生きものムカデ・ミミズ・ゴキブリ・ヒル
ヤマトゴキブリ
里山に生息する。公園のようにきれいにしてある所にはいない。カブトムシと一緒に見つけることが多い。日本の在来種であり、屋外で生息する。家にいるクロゴキブリは、屋外では生きられない。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

動画
f1hir2.mpg
320×240、 971.0KB

環境指標となる生き物
土壌にすむ生きものムカデ・ミミズ・ゴキブリ・ヒル
コウガイヒル
都市化が進んだ所では、ほとんどみられない。水田にいるヒルとは違い、人の血を吸わない。頭の形がハンマーのようになっているのが特徴である。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)
関連資料
f1hir2g1.jpg
環境指標となる生き物土壌にすむ生きものムカデ・ミミズ・ゴキブリ・ヒル コウガイヒル
コウガイヒルの動く様子の600×400サイズの静止画 (著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1mi0.jpg
600×400、 272.9KB
環境指標となる生き物土壌にすむ生きものムカデ・ミミズ・ゴキブリ・ヒル
ミミズ
普通は、自然の豊かなところで生息する。しめった土があれば、都市部でも生息する。虫のフンなどが混じった土を食べ、体の中で分解してよい土に戻してくれる。体長2〜5センチメートル。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

動画
f1mim2.mpg
320×240、 1.07MB

環境指標となる生き物
土壌にすむ生きものムカデ・ミミズ・ゴキブリ・ヒル
ミミズの活動のようす
体全体をゆっくりと伸ばしたり、縮めたりして活動をする。そのため活動速度は遅い。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)
関連資料
f1mim2g1.jpg
環境指標となる生き物土壌にすむ生きものムカデ・ミミズ・ゴキブリ・ヒル ミミズの活動のようす
ミミズの動く様子の600×400サイズの静止画 (著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1omka.jpg
600×400、 131.1KB
環境指標となる生き物土壌にすむ生きものムカデ・ミミズ・ゴキブリ・ヒル
ムカデ
自然の豊かなところに生息する。神社仏閣の縁の下など、じめじめした所に生息する。夏に活動が盛んになり、小型種は露木にも被害を起こす。体長3〜7センチメートル。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)