[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
f1kna1.jpg
600×400、 51.1KB
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物少し汚れた水にすむ貝
カワニナ
少しよごれた川や池、湖にもすみ、特にゆるやかな流れのあるきれいな川に多い。よい環境のところに生息している。ホタルの幼虫のえさになる。貝類。殻高2.5〜3センチメートル。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1kna2.jpg
600×400、 151.7KB
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物少し汚れた水にすむ貝
カワニナの歯舌
水槽などについた藻を歯舌で削り取るように食べる。歯舌はとても小さな歯の集まりで、次々に新しいものが作られて、すり減った歯はどんどん捨てられ、常に新しい歯が使われる。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1kra1.jpg
600×400、 58.4KB
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物少し汚れた水にすむ貝
カラスガイ
日本最大の淡水性の二枚貝で、各地の湖や沼に見られる。比較的きれいな水に生息する。長さが30センチメートルに達するものもある。貝類。殻の表面は黒色をしている。幼貝は黄色で、緑色の帯がある。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1siz1.jpg
600×400、 49.8KB
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物少し汚れた水にすむ貝
マシジミ
少しよごれた水の川や湖で、砂れきや砂泥のあるところにすむ。比較的きれいな水に生息する。写真は幼貝。ヤマトシジミにくらべると貝がらが縦より横が長い。食用にされる。軟体動物。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)