[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
f1haz2.mpg
320×240、 976.6KB

環境指標となる生き物
水生昆虫と水生植物トンボのなかま・カゲロウ
ハグロトンボ成虫のようす
成虫はチョウが羽ばたくように、真っ黒の羽をひらひらとさせながら地面の近くをゆっくりと飛ぶ。葉や枝にとまっている時は、羽をときどき開いたり閉じたりする。成虫は8月から9月頃に多くみられる。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)
関連資料
f1haz2g1.jpg
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物トンボのなかま・カゲロウ ハグロトンボ成虫のようす
ハグロトンボが羽ばたく様子の600×400サイズの静止画 (著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)
関連資料
f1haz2g2.jpg
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物トンボのなかま・カゲロウ ハグロトンボ成虫のようす
ハグロトンボが羽ばたく様子の600×400サイズの静止画 (著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)
関連資料
f1haz2g3.jpg
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物トンボのなかま・カゲロウ ハグロトンボ成虫のようす
ハグロトンボが羽ばたく様子の600×400サイズの静止画 (著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1hbi1.jpg
600×400、 181.7KB
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物トンボのなかま・カゲロウ
クロスジヘビトンボ幼虫
谷川や山間の小川などきれいな水、比較的きれいな水に生息する。強いあごで水生昆虫をつかまえて食べる。頭が黒い。腹のとっきは水中の酸素を取り入れるえらである。アミメカゲロウ目。体長約5センチメートル。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1hbi2.jpg
600×400、 27.8KB
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物トンボのなかま・カゲロウ
ヘビトンボ幼虫
谷川や山間の小川などきれいな水、比較的きれいな水に生息する。強いあごで水生昆虫をつかまえて食べる。頭が赤く腹にあるえらが羽状である。アミメカゲロウ目。体長5〜7センチメートル。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1it01.jpg
600×400、 99.8KB
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物トンボのなかま・カゲロウ
イトトンボの一種の幼虫(ヤゴ)
平地から低山地の池や沼で、流れのないよごれた水、比較的きれいな水に生息する。イトトンボ科のヤゴは他のトンボのなかまにくらべて長細い体をしている。トンボ目。体長1.3〜2.1センチメートル。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1kag1.jpg
600×400、 25.6KB
環境指標となる生き物水生昆虫と水生植物トンボのなかま・カゲロウ
カゲロウの一種の幼虫
カゲロウのなかまは川の上流から下流まで広く分布する。きれいな水、比較的きれいな水に生息する。ふつう尾が3本。あしの先のつめは1本。えらが腹部の横に5〜7対つく。カゲロウ目。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)