[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
f1hkr1.jpg
600×400、 32.5KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥庭で見かける鳥
電線に止まるハシボソガラス
九州以北で見られる留鳥。市街地や農耕地、河川などにいる。ハシブトガラスよりやや小さく、「ガァガァ」と鳴く。雑食性。電線からじっとみつめる様子。スズメ目カラス科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1job1.jpg
600×400、 37.9KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥庭で見かける鳥
餌台のジョウビタキ
全国の林や農耕地で見かける冬鳥。10月過ぎに見られる。「ヒッヒッヒッ」と地鳴きする。えさ台をおいたことで、民家にもやってきた様子。スズメ目ツグミ科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1kjb1.jpg
600×400、 51.4KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥庭で見かける鳥
枝の上のキジバト
全国の林や市街地で見かける留鳥。オスが「デデッポッポウ」と鳴く。2羽で枝の上で羽を休める様子。ハト目ハト科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1mkd1.jpg
600×400、 33.7KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥庭で見かける鳥
樹上で休むムクドリ
全国の林や市街地、農耕地で見かける留鳥。ほおが赤い。「ピーピョロロ」「ピーヨ」などと鳴く。群れで暮らすことが多い。家の樹木によく止まっている。木の上で様子をうかがう様子。スズメ目ムクドリ科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1moz1.jpg
400×600、 28.3KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥庭で見かける鳥
たたずむモズ
全国の林で見かける留鳥。「キィ、キヨ、キリリリィ」「キチキチ」と高鳴きをし、なわばりを宣言する。秋にエサを小枝などに刺すことを、モズのハヤニエと言う。尾を振りながら止まるのが特徴。スズメ目モズ科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1moz2.jpg
600×400、 59.7KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥庭で見かける鳥
たたずむアカモズ
北海道と本州で見られる夏鳥。5月過ぎに見かける。林や木の多い草原にいる。尾のふり方、ハヤニエは同じだが、「ジュリリン」と鳴く。アカモズの美しいたたずまい。スズメ目モズ科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1szm1.jpg
600×400、 24.1KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥庭で見かける鳥
屋根の上のスズメ
全国の民家や農耕地、河原で見かける留鳥。人と暮らす鳥で、家の屋根にもたくさんとまっている。「チュンチュン」「チュリリリ」と鳴く。風に向かって立ち止まる様子。スズメ目ハタオリドリ科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)