[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
f1hjr1.jpg
600×400、 31.9KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥草原にすむ鳥
標識の上のホオジロ
草原、河原、明るい林にすむ留鳥。顔が白と黒がはっきりしているのが特徴。「チュッピーチュッピーチュチュチュ」のように鳴く。標識にたたずむ様子。スズメ目ホオジロ科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1kij1.jpg
600×400、 54.0KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥草原にすむ鳥
草むらから出てきたキジ
本州や九州の林、草原、茂みなどで見かける日本の国鳥。留鳥。オスが繁殖期に「ケーン、ケーン」と鳴く。草むらを歩く様子。キジ目キジ科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1kko1.jpg
600×400、 34.3KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥草原にすむ鳥
電線で休むカッコウ
北海道から九州まで見かける夏鳥。明るい林や草原に棲み、モズやホオジロ、オオヨシキリなどの巣に卵を産み込み、育てさせる。「カッコウ」と鳴く。電線の上で休息している様子。ホトトギス目ホトトギス科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1kmm1.jpg
400×600、 35.5KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥草原にすむ鳥
枝にとまるコミミズク
冬鳥でフクロウの仲間ではめずらしく草原やアシ原で見かける。頭の羽角が小さいのでコミミの名前がついた。夕暮れに見かけ、オスはウォッウォッ、メスはギャッとかキャッと鳴く。フクロウ目フクロウ科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)

静止画
f1kyk1.jpg
600×400、 34.6KB
環境指標となる生き物身のまわりで見られる野鳥草原にすむ鳥
コヨシキリのさえずり
草原や湿原にいる夏鳥。アシ原などにすみ、「チュリチュリチュリ、ジジジ、チチチ、」などいろいろに鳴く。草の上で揺れながらさえずる様子。スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科。(著作権者:IPA 情報処理振興事業協会)