[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
e-ako1.mpg
320×240、 3.62MB

古文
万葉集兵庫
明石大門
ともしびの明石大門に入らむ日や 漕ぎ別れなむ家のあたり見ず 巻3-254 柿本人麻呂  都から中国路や九州、四国へは、海路の旅でした。明石海峡は、手漕ぎの船には難関でした。ここは、古来数多く歌に詠まれています。

動画
e-nos1.mpg
320×240、 3.71MB

古文
万葉集兵庫
淡路島 野島
淡路の野島の崎の浜風に 妹が結びし紐吹きかへす 巻3-251 柿本人麻呂  淡路島の野島の浜辺には、野島の海人たちの塩造りの様子を再現した像が置かれています。柿本人麻呂は、野島の沖を通りながらこの妻への愛の歌を詠んだのでしょう。

動画
e-noa1.mpg
320×240、 2.42MB

古文
万葉集兵庫
淡路島 野島海人(あま)碑
朝なぎに梶の音聞こゆ御食(みけ)つ国 野島の海人の舟にしあるらし 卷6-934 山部赤人  御食つ国は、天皇に食料を奉る国の意です。画像は野島の海人の像に、山部赤人の歌を刻んだ碑で、浜辺に建てられています。