[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
e-amk1.mpg
320×240、 3.27MB

古文
万葉集神奈川
足柄万葉公園(1)
足柄のみ坂恐み曇り夜の 我が下延を言出でつるかも 卷14-3371 東歌  足柄には現在万葉公園があり、足柄を詠んだ歌碑が建てられています。この歌は恋歌で、足柄のみ坂の神に恐れをなして、つい秘めた人の名を口に出して云ってしまったというものです。

動画
e-amn1.mpg
320×240、 3.32MB

古文
万葉集神奈川
足柄万葉公園(2)
足柄のままの小菅の菅枕 あぜかまかさむ児ろせ手枕 卷14-3369 東歌  万葉公園の歌碑にあるこの歌も、恋の思いを率直に歌いあげています。そんな菅を束ねたような質素な枕をしなくても、わたしの手枕のほうがいいですよという民謡調の歌です。