[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
e-oks1.mpg
320×240、 2.54MB

古文
万葉集三重
伊勢神宮
我が背子を大和へ遣るとさ夜ふけて 暁露に我が立ち濡れし 卷2-105 大伯皇女  伊勢斎宮として仕える大伯皇女。謀反の疑いをかけられた弟の大津皇子は、ひそかに姉を訪ねます。歌は、やむなく弟を都へ帰す悲しみを詠っています。