[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
e-ysm1.mpg
320×240、 3.70MB

古文
作者不詳平家物語
屋島古戦場
平家の総帥平宗盛は、京を追われて屋島に向かいます。「昨日は東関の麓にくつばみをならべて十万余騎、今日は西海の浪に纜をといて七千余人、雲海沈々として、青天既に暮れなんとす。」と、平家の凋落ぶりが描かれています。

動画
e-itj1.mpg
320×240、 3.30MB

古文
作者不詳平家物語
厳島神社と平清盛
厳島神社は、推古天皇時代の創建で、仁安三年(1168年)平清盛によって現在のように造営されたと伝えられています。隆盛を極めた平家一門が、ますますの繁栄を祈って建立した建造物は、今も平安の宮廷文化を伝えています。

動画
e-itg1.mpg
320×240、 2.35MB

古文
作者不詳平家物語
厳島神社と高倉帝
高倉天皇は、平清盛の娘徳子との間に生まれた幼い安徳天皇に位を譲り、高倉上皇となって、厳島に参詣されました。紀行文が残っており、それによると、福原から船で瀬戸内海を通り、厳島に詣でています。平家一族全盛の頃でした。

動画
e-dnu1.mpg
320×240、 2.94MB

古文
作者不詳平家物語
壇ノ浦古戦場
平家と源氏は、潮の流れが早い関門海峡壇ノ浦で戦います。最初、潮の流れに乗った平家が有利な戦いを進めますが、やがて潮が変わり平家は追いつめられ、隆盛を誇った平家もついにここで滅亡するのです。

動画
e-juy1.mpg
320×240、 3.05MB

古文
作者不詳平家物語
安徳帝入水之処碑
平家一門の栄枯盛衰を描いた平家物語。物語の終わり近く、平家の軍勢は、この海峡で行われた壇ノ浦の合戦で、ついに源氏に敗れ全滅します。清盛の妻時子は、幼い安徳帝を抱いて「波の底にも都の侍ふぞ」と海に身を沈めます。平家物語の諸行無常を象徴する場面です。