[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
n-dfa1.mpg
320×240、 2.90MB

国際理解
オーストラリア・フィジーのくらしフィジーの人々のくらし
スバの市場
フィジー諸島共和国の首都スバにある市場のようすです。南の国の市場らしく,さまざまな種類のくだものや野菜などが数多く扱われています。

動画
n-dfa2.mpg
320×240、 3.24MB

国際理解
オーストラリア・フィジーのくらしフィジーの人々のくらし
交通のようす《ビチレブ島の道路》
フィジー諸島共和国の中で一番大きな島ビチレブ島の道路です。島の海岸線に沿って道路が整備され,この島を一周しています。道路の両側にはヤシの木が植えられ,熱帯地域特有の情景を見せています。

動画
n-dfa3.mpg
320×240、 2.04MB

国際理解
オーストラリア・フィジーのくらしフィジーの人々のくらし
交通のようす《飛行機》
フィジー諸島共和国は,332の島からなる国です。島から島への移動手段として,小型飛行機が広く利用されています。

静止画
n-dfa4.jpg
400×600、 153.3KB
国際理解オーストラリア・フィジーのくらしフィジーの人々のくらし
子どもの遊び《ヤシの実とり》
海岸に沿って生えているヤシの木に,手足をじょうずに使って登り,ヤシの実を落とします。落としたヤシの実の上部をナタで割り,天然のココナッツジュースを飲みます。

静止画
n-dfa5.jpg
600×400、 69.3KB
国際理解オーストラリア・フィジーのくらしフィジーの人々のくらし
子どもの遊び《海水浴》
一つ一つの島は,あまり大きくないので海まですぐに行くことができます。泳ぐ場所にもこまりません。海は遠浅(とおあさ)で,子どもたちにとって,一年を通じて絶好の遊び場所となっています。

動画
n-dfa6.mpg
320×240、 2.77MB

国際理解
オーストラリア・フィジーのくらしフィジーの人々のくらし
さとうきびの収穫
ナンディー近郊のさとうきび畑の収穫のようすです。フィジー諸島共和国の産業の中心はさとうきびの生産です。さとうきびの栽培はイギリスの植民地時代に始まりました。さとうきびの栽培ではインド系の人々が中心的な役割をになっています。

動画
n-dfa7.mpg
320×240、 1.89MB

国際理解
オーストラリア・フィジーのくらしフィジーの人々のくらし
さとうきび列車
ビチレブ島ラウトカにある製糖工場にさとうきびを運ぶ貨車です。収穫時期には,さとうきびを満載(まんさい)した列車が,次々と製糖工場に集まって来ます。さとうきびから作られる砂糖は,フィジーの主要輸出品目です。

静止画
n-dfa8.jpg
600×400、 76.2KB
国際理解オーストラリア・フィジーのくらしフィジーの人々のくらし
フィジーの伝統的な服装《スル》
フィジーの男性が,伝統的衣装のスルを身につけています。スルとは,腰に巻く布のことで,いわゆる巻きスカートのようなものです。南太平洋の島々で共通して見ることができる衣装です。