[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
n-fea1.mpg
320×240、 2.78MB

国際理解
オランダ・フィンランドのくらしフィンランドの町並みと建築物
ヘルシンキの町
南側からみたヘルシンキの町です。ビルの向こうのとがった屋根の建物はウスペンスキー寺院。円い屋根の建物がヘルシンキ大聖堂です。冬の町を人々が足ばやに通りすぎて行きます。

動画
n-fea2.mpg
320×240、 2.47MB

国際理解
オランダ・フィンランドのくらしフィンランドの町並みと建築物
ロバニエミの町《夏》
夏のロバニエミの町のようすです。北極圏までわずか8キロメートルしか離れていないので,夏でも町ゆく人々の服装はすべて長そでです。

動画
n-fea3.mpg
320×240、 2.99MB

国際理解
オランダ・フィンランドのくらしフィンランドの町並みと建築物
ロバニエミの町《冬》
一面に広がる雪原のように見えますが,向かって左に見えてくる橋からわかるように,これは凍りついた川面です。2月の最低気温が氷点下20度近くにまで下がるロバニエミでは,このように川も凍りついてしまうのです。

静止画
n-fea4.jpg
600×400、 70.9KB
国際理解オランダ・フィンランドのくらしフィンランドの町並みと建築物
ロバニエミの住宅地
ロバニエミは,フィンランドの北部にあり,北極圏の入り口の町といえます。冬は,氷点下20度くらいにもなるので,家にはさまざまな工夫がされています。窓は二重か三重で,どの家にも必ず暖炉(だんろ)があります。