[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
n-jaa1.jpg
600×400、 99.4KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの文化遺産
トプカプ宮殿
トプカプ宮殿は強大な帝国を築いたオスマン・トルコのメフメット2世によって1467年に建てられました。70万平方メートルの敷地内には,4つの内庭,モスク,ハレムなどが残されています。1985年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jaa2.jpg
600×400、 58.3KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの文化遺産
ブルーモスク
ブルーモスクの愛称で親しまれているイスラム寺院です。正しくはスルタンアフメト・ジャミイといいます。6本の尖塔と約45メートルの高さの中央の大ドームと4つの副ドーム,30の小ドームをもっています。1985年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jaa3.jpg
600×400、 85.2KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの文化遺産
アヤ・ソフィア
6世紀中ごろビザンチン帝国のユスチニアヌス帝が6年かけて建設したアヤ・ソフィアです。ギリシャ正教の大聖堂としてつくられ,中央のドームとモザイク装飾がビザンチン様式の特色を表しています。1985年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jaa4.jpg
400×600、 72.0KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの文化遺産
イェレバタン・サライ
イェレバタン・サライのイェレは「地に」,バタンは「沈んだ」という意味で,文字通りの地下宮殿です。ヴァレンス水道橋から運ばれた水が流れ込んでいます。この地下宮殿は,紀元4世紀ごろに造られたといわれています。1985年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jaa5.jpg
600×400、 78.0KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの文化遺産
トロイの遺跡発掘あと
トロイの遺跡は,ドイツのシュリーマンによって発見されました。写真は,その西南にある儀式が行われていたとされる場所の遺跡です。ひときわ高い台は祭壇で,かつては女神像がおかれていたといわれています。1998年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jaa6.jpg
400×600、 71.1KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの文化遺産
トロイの遺跡《トロイの木馬》
トロイの遺跡に置かれているトロイの木馬です。トロイ戦争で,アテネ軍の兵士が身をひそめている木馬が贈り物としてトロイ城内に持ち込まれたという伝説に忠実に作られました。トロイの遺跡は1998年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jaa7.jpg
600×400、 72.1KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの文化遺産
エフェソス遺跡のマーブルロード
トルコのエフェソスは,紀元前11世紀ごろ,ギリシャから植民したイオニア人が建設した古代都市の遺跡群です。イズミールの南76キロメートルにあるセルチュクの町の西に位置し,神殿などの柱や石畳が残っています。1988年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jaa8.jpg
600×400、 90.8KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの文化遺産
エフェソス遺跡の円形劇場
エフェソスの遺跡群の1つ,石造りの円形劇場です。中央のいちばん低いところが舞台(ぶたい)で,そこを中心とし,観客席を半円形に配置しています。すぐれた音響効果を持ち,直径は154メートル,2万人以上を収容できました。1988年に世界遺産に登録されました。