[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
n-jba1.jpg
600×400、 57.2KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの複合遺産
カッパドキアのギョレメ峡谷
これは,ウチヒサールと呼ばれ「とがった砦(とりで)」という意味を持つ,巨大な一枚岩の城塞(じょうさい)です。岩の表面の穴は,鳩の巣で,昔ここから鳩の糞を採取して,ぶどう畑の肥料としていました。1985年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jba2.jpg
600×400、 67.1KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの複合遺産
カッパドキアの奇岩風景
カッパドキアの景観は,大昔の火山活動によって作られたと言われています。今から約6000年前に,この地方にあるエルジイェス山の火山が噴火し,溶岩と小石や泥がまざりあって不思議な形がつくられたそうです。1985年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jba3.jpg
600×400、 62.1KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの複合遺産
カッパドキアの奇岩
トルコの首都アンカラの南約220キロメートルに,カッパドキア岩窟(がんくつ)群は位置しています。ハサンダウ火山の活動で形成された凝灰(ぎょうかい)岩の大地を風雨が浸食し,タケノコ形やキノコ形になっていきました。1985年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-jba4.jpg
600×400、 55.6KB
国際理解アジアの世界遺産トルコの複合遺産
パムッカレの石灰棚
エーゲ海に面した都市イズミールの内陸,東南250キロメートルにある,パムッカレの石灰棚です。石灰成分を含む熱水が,長い時間をかけて結晶化し,台地をおおったため,雪山のように見えます。1988年に世界遺産に登録されました。