[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
n-ica1.jpg
600×400、 55.9KB
国際理解ヨーロッパの世界遺産フランスの文化遺産
モン・サン・ミシェルとその湾
モン・サン・ミシェルはサンマロ湾奥の小島にある修道院です。百年戦争の戦火を逃れるため,周囲に城壁や塔が築かれました。人工の構築物でおおいつくされた姿は,まるで海中にそびえる要塞(ようさい)のようです。1979年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-ica2.jpg
600×400、 76.8KB
国際理解ヨーロッパの世界遺産フランスの文化遺産
ポン・デュ・ガール
ポン・デュ・ガールは南フランスのローヌ川の支流,ガール川にかかる水道橋です。約2000年前に造られた石橋は長さ275メートル,高さ49メートルで,三層のアーチになっています。1985年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-ica3.jpg
600×400、 62.1KB
国際理解ヨーロッパの世界遺産フランスの文化遺産
パリのセーヌ川
文化遺産として登録されている地域は,サンルイ島のシェリー橋からエッフェル塔のあるイエナ橋までの約5キロメートルです。奥に見える高い塔のある建物が,河岸から見たノートルダム寺院です。1991年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-ica4.jpg
600×400、 78.4KB
国際理解ヨーロッパの世界遺産フランスの文化遺産
パリの凱旋門
「オランジュのローマ劇場とその周辺,凱旋門(がいせんもん)」として1991年に世界遺産に登録されました。「凱旋門」として有名なものは「エトワール」というナポレオン・ボナパルトの戦勝記念のものですが,ほかにもたくさんの凱旋門があります。

動画
n-ica5.mpg
320×240、 1.88MB

国際理解
ヨーロッパの世界遺産フランスの文化遺産
ノートルダム寺院
パリのノートルダム寺院です。セーヌ川にある島に建てられています。ノートルダム寺院はゴシック建築の傑作(けっさく)といわれ,現在のような姿となったのは14世紀なかばです。1991年に世界遺産に登録されました。

静止画
n-ica6.jpg
600×400、 49.6KB
国際理解ヨーロッパの世界遺産フランスの文化遺産
シャンボール城
「シャンボール城と領地」として1981年に世界遺産に登録されています。ロワール川沿いには,700近くもの城が点在し,最大のものがシャンボール城です。イタリアルネサンスの影響をうけたフランソワ1世が建造しました。

静止画
n-ica7.jpg
600×400、 66.0KB
国際理解ヨーロッパの世界遺産フランスの文化遺産
アヴィニョン歴史地区
1309年,フランス王フィリップ4世が教皇クレメンス5世をこのアヴィニョンに強制的に移転させて以来,歴代の教皇は1377年までアヴィニョン教皇庁に居住しました。ローヌ川の向こうに見えるのがアヴィニョンの旧市街です。1995年に世界遺産に登録されました。