[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
n-hba1.mpg
320×240、 1.81MB

国際理解
宗教に見る世界キリスト教
イタリアの教会
ローマ市内のテルミニ駅近くにあるサンタ・マリア・マッジョーレ教会です。4世紀に聖母マリアにささげるために建てられ,繰り返し改築が行われてきました。さまざまな建築様式が調和している壮大な聖堂です。

静止画
n-hba2.jpg
400×600、 87.2KB
国際理解宗教に見る世界キリスト教
フランスの教会
サクレ・クール寺院は,パリのモンマルトルの丘の上に立つ,真っ白な寺院です。ビザンチン風の建物で,ドーム状の屋根が特徴になっています。名前のサクレ・クールとは,「聖なる心臓」という意味です。

静止画
n-hba3.jpg
400×600、 57.5KB
国際理解宗教に見る世界キリスト教
ドイツの教会
フランクフルトにある聖バルトロメオ大聖堂です。1877年に完成しました。この建物はゴシック様式で,特徴ある塔の高さは,95メートルあり,塔に登る階段は332段もあります。かつて神聖ローマ帝国の戴冠(たいかん)式が行われたといわれています。

静止画
n-hba4.jpg
600×400、 108.2KB
国際理解宗教に見る世界キリスト教
日本のカトリック教会の内部
東京にあるサレジオ教会はカトリック系の教会の一つです。「江戸のサンタマリア聖堂」と呼ばれるロマネスク建築の礼拝堂は,奥行き47メートル,幅16メートル,高さ23メートルで1954年に完成しました。

静止画
n-hba5.jpg
600×400、 113.6KB
国際理解宗教に見る世界キリスト教
日本のカトリック教会の祭壇
教会の祭壇(さいだん)は祈るための神聖なところです。中央の十字架は信仰の中心です。聖母マリア像,聖人像が周囲に置かれ,窓にはめこまれた美しいステンドグラスと共に荘厳華麗(そうごんかれい)な雰囲気を出しています。(サレジオ教会)

静止画
n-hba6.jpg
600×400、 75.0KB
国際理解宗教に見る世界キリスト教
日本のプロテスタント教会の内部
東京にある霊南坂(れいなんざか)教会はプロテスタント系の教会の一つです。1879年に設立されました。1985年に完成した礼拝堂は2階ギャラリーを含め350席。後部壁面を可動させると600人が収容でき,音響にも考慮が払われています。

静止画
n-hba7.jpg
400×600、 85.9KB
国際理解宗教に見る世界キリスト教
日本のプロテスタント教会の祭壇
祭壇(さいだん)は中央壁面に十字架が高くかかげられているだけで,とてもシンプルなものです。しかし,祭壇の横にはパイプ総数2497本の壮大なパイプオルガンがあり,礼拝堂の荘厳さをものがたっています。(霊南坂教会)