[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
n-cda1.jpg
600×400、 41.3KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしインドのあらまし
インドの国旗
正式名称は,インドです。仏教のシンボル「チャクラ(法輪)」が,中央に描かれるようになりました。サフラン色(オレンジ色の部分)はヒンドゥー教,緑はイスラム教,白は両宗教の和解を表すといわれています。

静止画
n-cda2.jpg
400×600、 76.5KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしインドのあらまし
インドの土地のようす
インドは,北側にヒマラヤ山脈,その南側にインダス川・ガンジス川に作られた沖積(ちゅうせき)平野のヒンドスタン平原,そしてインド半島を形成する大きな高原地帯の三つの地域に分けられます。首都はニューデリーです。

静止画
n-cda3.jpg
600×400、 78.5KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしインドのあらまし
インドの人口密度分布
インドは,世界的に見ても人口の多い国で,人口密度が高いことを表す濃い色が広範囲に分布しています。

静止画
n-cda4.jpg
600×400、 85.3KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしインドのあらまし
インドの気候のようす
デカン高原や沿岸部は熱帯,ガンジス川の中・上流地域は温帯,パキスタン国境地帯は乾燥気候,山岳地域は高山気候と,インドの気候は変化に富んでいます。降水量と気温は平成12年の理科年表によります。

静止画
n-cda5.jpg
400×600、 74.7KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしインドのあらまし
インドの民族の構成と衣装
インドの先住民であるドラビダ系の人々は,全体の25%ほどです。大半をしめるインド・アーリア系の人々は,昔,ヨーロッパからやってきた人々です。その衣装は,気候や宗教の影響で,特徴あるものとなっています。

静止画
n-cda6.jpg
600×400、 125.6KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしインドのあらまし
インドの通貨
通貨単位はルピーとパイサです。1ルピーは100パイサで,1ルピーは約2.4円です(2000年12月現在)。10ルピー札にはインド独立の父といわれるマハトマ・ガンジーが印刷されています。

静止画
n-cda7.jpg
600×400、 103.1KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしインドのあらまし
インドのことば
ヒンディー語は,インドの公用語です。英語が副公用語となっています。しかし,インドには多くの民族がいるので,実際には17以上ものことばが話されています。