[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
n-cba1.mpg
320×240、 2.89MB

国際理解
タイ・インド・トルコのくらしタイの町並みと建築物
バンコクの町
タイの首都バンコクは,かつては東洋のベニスと呼ばれていたほど,水上交通の発達した水の都でした。しかし,現在はその多くが埋め立てられて道路になっています。写っている川はチャオプラヤ川で,対岸に見えるのは「暁の寺院」です。

動画
n-cba2.mpg
320×240、 2.24MB

国際理解
タイ・インド・トルコのくらしタイの町並みと建築物
プーケットの町
タイの海岸線には,リゾート地が点在しています。その一つであるプーケットは,マレー半島の西に位置するプーケット島にある町です。プーケットの青い空,青い海を目当てに,毎年多くの観光客がこの島を訪れます。

静止画
n-cba3.jpg
600×400、 54.6KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしタイの町並みと建築物
エメラルド寺院《遠景》
バンコクの有名な寺院,通称「エメラルド寺院」です。正式名称は,ワット・プラケオです。もともとは,王室専用の寺院で,王宮の敷地内にあり,タイで最も格式の高い仏教寺院です。

静止画
n-cba4.jpg
600×400、 87.4KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしタイの町並みと建築物
エメラルド寺院《本堂》
エメラルド寺院と呼ばれるのは,高さ66センチメートルのエメラルド色の翡翠(ひすい)の仏陀(ぶっだ)像が納められているためです。本堂は豪華(ごうか)で軒下(のきした)には金張りの鈴がぶらさげられています。

静止画
n-cba5.jpg
600×400、 77.1KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしタイの町並みと建築物
王宮
タイ国王のすまいとしてつくられた王宮です。西洋建築の様式とタイの伝統的な建築様式を組み合わせて建てられました。現在は国王の住居としては使用されず,1階が博物館として公開されて観光名所となっています。

動画
n-cba6.mpg
320×240、 3.07MB

国際理解
タイ・インド・トルコのくらしタイの町並みと建築物
暁の寺院
バンコク市内を流れるチャオプラヤ川のほとりには,「暁の寺院」ワット・アルンが建っています。建物の表面に施されている彫刻はインドのヒンドゥー教の影響を受けています。

静止画
n-cba7.jpg
600×400、 81.3KB
国際理解タイ・インド・トルコのくらしタイの町並みと建築物
バンコクの住宅地
バンコク市内の住宅地です。都市部では,人口の増加のために,ほとんどの人がマンションやアパートに住んでいます。高層マンションも見られます。