[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
r1sc21.jpg
600×400、 75.6KB
空港空港の風景:静止画空港の風景(管制塔、他)
管制塔
管制塔は高さ約90メートルあり、関西国際空港で一番高い建物です。航空管制官が飛行機と無線で交信し、安全に離陸や着陸ができるようにパイロットに指示し空の交通整理を行います。管制塔は24時間働いています。

静止画
r1sc22.jpg
600×400、 63.1KB
空港空港の風景:静止画空港の風景(管制塔、他)
オイルタンカーバース
飛行機の燃料を積みこんだタンカーは、空港島のオイルタンカーバースに着きます。燃料はここからパイプで約2キロメートル離れた貯油タンクに送られます。

静止画
r1sc23.jpg
600×400、 58.0KB
空港空港の風景:静止画空港の風景(管制塔、他)
消防自動車
関西国際空港消防所に配置されている消防車は飛行機火災専用。2分以内で火を消します。放水距離は75メートル、放射量は1分間に5100リットルもあり、一般の消防車の20倍近くあります。

静止画
r1sc24.jpg
600×400、 136.3KB
空港空港の風景:静止画空港の風景(管制塔、他)
マーシャラー
飛行機が停止場所(スポット)に到着するとき、パイロットに指示を送るのがマーシャラーです。パイロットは機内から停止位置がみえないので「パドル」という大きなしゃもじのようなものを握り、合図を送ります。

静止画
r1sc25.jpg
600×400、 55.5KB
空港空港の風景:静止画空港の風景(管制塔、他)
サービサー
スポットの地面下にあるピットとよばれるところ(貯油タンクから燃料が送られている)と飛行機の主翼内にある燃料タンクとをつないで燃料を入れる役割を果たすのがサービサーです。

静止画
r1sc26.jpg
600×400、 40.5KB
空港空港の風景:静止画空港の風景(管制塔、他)
空港気象ドップラーレーダー
巨大なサッカーボールに見えるのは、空港気象ドップラーレーダーのアンテナのカバーで、直径が11メートルあります。中には直径7メートルのパラボラアンテナが回転し、風向、風速の急激な変化もキャッチします。

静止画
r1sc27.jpg
600×400、 44.8KB
空港空港の風景:静止画空港の風景(管制塔、他)
貯油タンク
空港島の南はしに飛行機の燃料を貯める丸いタンクが10基あります。タンクは高さ20メートル、直径は30メートルあり、1基で約12,000キロリットルの燃料を貯めることができます。