[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
q-mca7.mpg
352×240、 2.63MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物川や湿地の生物
水生昆虫のいる川
映像は小学生の自然体験学習の様子。汚染や泥の少ない清流では、玉石の川底に、カゲロウ、カワゲラやトビケラの幼虫など水生昆虫が生活している。子どもたちは遊びながら自然のしくみを学んでいくことができる。

動画
q-mca8.mpg
352×240、 2.64MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物川や湿地の生物
カゲロウ・カワゲラの仲間
最初の映像は渓流で捕獲した水生昆虫の幼虫、次の映像はカワゲラの一種、最後の映像はカゲロウの一種である。水生昆虫の多くは川底の石の間に棲み、流れてくる落ち葉や魚の死体などの有機物を食べる。

動画
q-mca1.mpg
352×240、 2.63MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物川や湿地の生物
アメンボ
映像はアメンボが交尾を行う様子。水面に落ちたシロアリを食べているのが雌、上にのっているのが雄である。水の上を滑るように動く。日本全土の小川や池、沼地に住む。全長11〜16mm。

動画
q-mca2.mpg
352×240、 2.58MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物川や湿地の生物
ミズスマシ
映像は水面を泳ぐミズスマシの成虫。平地から山地の池、湖やゆるやかな流れに棲み、水面に落ちた虫を捕食する。複眼はそれぞれ上下に分かれ、水中と上方を同時に見ることができる。全国に分布。全長6〜8mm。

動画
q-mcb1.mpg
352×240、 2.67MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物川や湿地の生物
エゾサンショウウオ
最初の映像はエゾサンショウウオの産卵場となる雪解け水がたまる池の様子、次は水中の草に産みつけられた卵塊である。最後の映像は、産卵を終え水辺の石の下で再び冬眠につく親。北海道に分布。体長7〜8cm。

動画
q-mcb2.mpg
352×240、 2.17MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物川や湿地の生物
エゾアカガエル
映像は北海道に生息するエゾアカガエルの雄と雌が、産卵のために水中でペアとなっている様子である。周囲の黒い部分が産卵した卵である。雪解けの頃に産卵を行い、1匹の雌は1度の産卵で700〜1000個の卵を生む。体長3〜7cm。

動画
q-mca9.mpg
352×240、 2.63MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物川や湿地の生物
湿原・モウセンゴケ
前半の映像は湿原の様子、後半はそこに育つモウセンゴケである。モウセンゴケは葉の表面に柄状の長腺毛があり粘液を分泌する。付着した虫はもがくほど動けなくなり、消化吸収される。高さ4〜30cmほどの多年草。