[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
q-mca3.mpg
352×240、 2.66MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物トンボの仲間
オニヤンマ
オニヤンマの成虫。黒い身体に黄色の横線が特徴。オニヤンマ科は日本に6種生息し、小笠原諸島をのぞく全国に分布する。幼虫は平地から山地までの流れの砂底に棲む。全長10cm。

動画
q-mca5.mpg
352×240、 2.70MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物トンボの仲間
シオカラトンボ
シオカラトンボの成虫。日本でもっとも一般的に見られるトンボである。羽化直後は地色は黄色だが、成熟後雄は黒化し白粉をふく。池沼、水田に生息し、4〜10月に成虫となる。全長55mm。

動画
q-mca6.mpg
352×240、 2.63MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物トンボの仲間
ウチワヤンマ
ウチワヤンマの成虫。腹節にあるウチワ状突起を動かす。本州以南、四国、九州に生息。雄雌とも第8腹節にウチワ状の突起をもつ。幼虫は池沼や湖に生息し、5〜9月に成虫になる。全長70mm。

動画
q-mca4.mpg
352×240、 2.10MB

身近な昆虫・動物や植物と自然環境
川で見る生物トンボの仲間
ハグロトンボ
ハグロトンボの成虫。飛び上がっては小さなハエなどを捕食する。本州以南に分布し、幼虫は低地のゆるい流れに住む。幅広のはねをもち、体には金属のような光沢がある、全長60mm。