[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
q-pba4.jpg
600×400、 95.3KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境季節の姿春に咲く花
イヌガラシの花
4〜6月に、茎の先に小さな黄色の十字花を穂のようにまとめてつける。小さなアブラナを思わせるような形とつきかたである。

静止画
q-pba6.jpg
600×400、 83.3KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境季節の姿春に咲く花
キツネノボタンの花
4〜5月に、花びらが5枚の小さな黄色い花を咲かせる。実は集まって球のようになり、昔の砂糖菓子の金平糖のようである。

静止画
q-pcf3.jpg
600×400、 78.7KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境季節の姿春に咲く花
シャガ
山の湿った林や谷を流れる川のそばなどにはえるアヤメ科の多年草である。草丈は30〜60cmほどで、種ではなく根をのばして増えるために集まってはえている。

静止画
q-pcf7.jpg
600×400、 26.7KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境季節の姿春に咲く花
ムラサキツユクサ
実験用植物として学校などによく植えられているツユクサ科の多年草である。草丈は50cmほどで、5〜8月に紫色の花を多数つける。花は1日でしぼむが、次から次へと咲かせる。

静止画
q-pcg1.jpg
600×400、 177.6KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境季節の姿春に咲く花
オオジシバリ
田んぼのわきやあぜ道、川のそばなどのやや湿った場所に集まってはえるキク科の多年草である。草丈は20cmほどで低いが、直径3cmほどの大きな花をつけ、タンポポのように綿毛をつくる。

静止画
q-pcg3.jpg
600×400、 182.1KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境季節の姿春に咲く花
キランソウ
低い山や山道、林のへりなどにはえるシソ科の多年草である。草丈は3〜5cmとひくく、地面をはうように広がって育つ。葉のわきに小さな紫色の花をつける。

静止画
q-pch2.jpg
600×400、 46.2KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境季節の姿春に咲く花
キャベツ
キャベツをそのまま栽培していると、中心の葉はボールのようにならず、葉ボタンのようなままで終わってしまう。アブラナ科に属しているため、花は他のアブラナ科の植物と区別がつきにくい。

静止画
q-pch7.jpg
600×400、 84.3KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境季節の姿春に咲く花
ジャガイモの花
涼しい所を好むので、春早くに種イモを植え、夏の暑さがきびしくなる前に収穫するナス科の多年草である。草丈は80cmほどで、イモは茎が太くなったものである。