[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
q-pbd1.jpg
600×400、 105.8KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境植物 いろいろな見方薬になる植物
ドクダミ
林のわきや日かげの場所に集まってはえるドクダミ科の多年草である。草丈は15〜60cmで、地面の中の茎をのばしてさかんに増える。

静止画
q-pbd2.jpg
600×400、 99.0KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境植物 いろいろな見方薬になる植物
ドクダミの花
白く見える4枚の花びら状のものは、「総ほう」と呼ばれるものである。実際の花は中央に柱のようにつきでる黄色い部分である。

静止画
q-pbd3.jpg
600×400、 114.3KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境植物 いろいろな見方薬になる植物
ハハコグサ
日本中の道ばたや畑などにはえているキク科の2年草である。草丈は10〜20cmで、葉には白い毛がたくさんはえているため体は白っぽく見える。春の七草の1つになっている。

静止画
q-pbd4.jpg
600×400、 103.4KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境植物 いろいろな見方薬になる植物
ハハコグサの花
4〜6月に、数本に分かれた茎の先に黄色い頭状花をつける。細かい花がたくさんついてビロードのようになる。

静止画
q-pbd5.jpg
600×400、 135.7KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境植物 いろいろな見方薬になる植物
オオバコ
道ばたや畑、庭など、日本中のいろいろなところにはえるオオバコ科の多年草である。草丈は5〜20cmで、根のまわりからはばの広い葉をたくさん出す。ふまれることに強い草なので道ばたで育つことができる。

静止画
q-pbd6.jpg
600×400、 105.5KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境植物 いろいろな見方薬になる植物
オオバコの花
4〜6月に、細長い花茎を何本ものばしてその先に穂のようにたくさんの花をつける。白またはうす紫の花は小さく目立たず、黄色い雄しべの花粉袋のほうが目立つ。

静止画
q-pbd7.jpg
600×400、 124.7KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境植物 いろいろな見方薬になる植物
カキドオシ
野原や道ばた土手などに見られるシソ科の多年草である。草丈は5〜25cmほどで、花がおわると茎がつるのようにのび、長いときには1mほどになる。紫の花は2つならんでつく。

静止画
q-pbd8.jpg
600×400、 108.9KB
身近な昆虫・動物や植物と自然環境植物 いろいろな見方薬になる植物
カキドオシの花
4〜5月に、葉のわきにくちびるの形をしたうすい紫色の花をたくさんつける。花の内側にはこい紫色のもようがつくので、全体としては赤紫色に見える。