[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
q1oka1.jpg
600×400、 78.7KB
焼き物(美濃焼き)窯での作業主な窯
電気窯
写真の電気窯は酸化還元両用タイプの窯です。写真のようなガスを併用するタイプの窯では、還元焼成もできますが、コストがかかるので上絵付けに使用することが多いです。

静止画
q1oka2.jpg
600×400、 77.0KB
焼き物(美濃焼き)窯での作業主な窯
ガス窯
ガス窯は最も一般的な窯の1つです。業務用の窯ですと一度に大量の焼き物を焼くことができます。特徴は、温度管理や酸化・還元・中性の焼成など計算通りに焼成できることです。

静止画
q1oka3.jpg
600×400、 74.9KB
焼き物(美濃焼き)窯での作業主な窯
トンネル窯
トンネル窯は、主に大量生産向けの大きな窯です。ガス・電気の両方のタイプの窯があります。トンネルを通る間に、すべての工程を自動的に行います。

静止画
q1oka4.jpg
400×600、 77.1KB
焼き物(美濃焼き)窯での作業主な窯
登り窯
登り窯は、穴窯より効率のよい窯です。この窯は、釉薬を使った作品も焼くことができます。また、大量に焼くこともできます。

静止画
q1oka5.jpg
600×400、 80.4KB
焼き物(美濃焼き)窯での作業主な窯
穴窯
穴窯は、半地下式で炊き口が一ヶ所しかない窯です。この窯は熱効率が悪い代わりに、偶然の変化(窯変)の作品に向いています。少量の作品しか焼けません。

静止画
q1oka6.jpg
600×400、 77.3KB
焼き物(美濃焼き)窯での作業主な窯
絵付け窯
上絵付けが終わった後、この絵付け窯に入れます。焼成温度が高過ぎると絵の具が上手く付かないので、主に電気窯を使用します。