[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
q1rox1.jpg
600×400、 82.8KB
焼き物(美濃焼き)ロクロを使った成形シッタを使って高台(こうだい)の成形
シッタを使った成形画像一覧
シッタを使って高台(こうだい)の作成で紹介されている画像の一覧です。
関連資料
q1rob1.jpg
焼き物(美濃焼き)ロクロを使った成形シッタを使って高台(こうだい)の成形 シッタを使った成形画像一覧
ロクロを使った作成画像一覧
この画像は焼き物(美濃焼き)ロクロを使った成形ロクロを使って湯飲みの作成 に収録されているものです。
説明文等は収録先でご覧ください。

静止画
q1rox2.jpg
600×400、 63.1KB
焼き物(美濃焼き)ロクロを使った成形シッタを使って高台(こうだい)の成形
シッタについて
シッタとは、削りに必要な削り台のことです。シッタは作品の腹で受けるもの、口で受けるもの、外側で受けるものの3つのタイプがあります。今回は湯飲みに適した口で受けるタイプを使って高台を削ります。

静止画
q1rox3.jpg
600×400、 87.5KB
焼き物(美濃焼き)ロクロを使った成形シッタを使って高台(こうだい)の成形
シッタを利用して高台を削る
シッタの上に先程の湯飲みをかぶせて、高台(こうだい)を削っていきます。シッタはロクロの遠心力でずれていくので、固定する箇所を水で濡らすなどしてしっかりと固定します。

静止画
q1rox4.jpg
600×400、 79.9KB
焼き物(美濃焼き)ロクロを使った成形シッタを使って高台(こうだい)の成形
完成した湯飲み
高台(こうだい)を削り終えたら、シッタから取り外して、湯飲みの完成です。