[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
v-syo1.jpg
400×600、 46.6KB
能と狂言狂言の装束と面装束
こうもり模様の肩衣(かたぎぬ)
[とくさじこうもりもようかたぎぬ] 太郎冠者や次郎冠者、庶民の男性の役に使われる装束で、必ず狂言袴/縞熨斗目/紋腰帯とセットで用いられます。狂言独自の装束の特徴は麻の染めにあり、その最も代表的なものと言えます。

静止画
v-syo2.jpg
400×600、 47.3KB
能と狂言狂言の装束と面装束
鬼瓦模様の肩衣
[くろじおにがわらもようかたぎぬ] 豪華な唐織が能装束を象徴するとすれば、狂言の装束は麻の布地で出来た軽やかな狂言肩衣がその代表です。背中に大胆な文様を染めているのが特徴です。こうもりや、鬼瓦、まさかりなど自然界から日常の道具まで身近な模様が多いようです。

静止画
v-syo3.jpg
400×600、 53.0KB
能と狂言狂言の装束と面装束
折れたまさかり模様の肩衣
[しろじぎくにえおれまさかりもようかたぎぬ] この肩衣の衣裳は白地に菊と、柄の折れたまさかりの絵を描いています。もともと庶民の普段着であった肩衣にふさわしく身近なモチーフを取り上げた所がユニークです。それにしても折れた柄のまさかりとはおもしろい絵柄です。

静止画
v-syo4.jpg
400×600、 38.2KB
能と狂言狂言の装束と面装束
狂言袴(きょうげんばかま)
[くろじきょうげんばかま] 肩衣と対となって使われます。現代で言えば、普段着のズボンに替え上着といったところで材質は麻です。くるぶし丈の半袴で丸尽しの文様にも日常の題材があふれています。

静止画
v-syo5.jpg
600×400、 45.5KB
能と狂言狂言の装束と面装束
長裃(ながかみしも)
[ちゃいろじみずともえもようながかみしも] 太郎冠者が仕える主の装束です。上下揃いの麻地に小紋模様で、現代で言えば上下揃いのスーツといったところです。身分が高くなればなるほど袖は大きく長く袴の裾も長くなっていきます。

静止画
v-syo6.jpg
600×400、 44.0KB
能と狂言狂言の装束と面装束
素袍(すおう)
[せいごうはないろじつるもようすおう] 大名の装束、または聟入(むこいり)の儀式の際、聟や舅が用いる礼服でもあります。大きな袖と長い袴が特徴で、身分の高い者の着物ほど袖は大きく裾は長くなります。長裃はこれを簡略化したものです。

静止画
v-syo7.jpg
400×600、 56.0KB
能と狂言狂言の装束と面装束
縫箔(ぬいはく)
[むらさきじやぶれしっぽうしきはなもようぬいはく] これは中世の女性の仕事着です。女性の出立ちは、縫箔という小袖に女帯を締め、頭には美男かづらという白い麻布を巻いて、その両端を長く垂らして腰のところで握ります。

静止画
v-syo8.jpg
400×600、 41.4KB
能と狂言狂言の装束と面装束
縞熨斗目(しまのしめ)
[うすちゃじこんしまのしめこしあき] 太郎冠者や庶民の男性の役に使われる装束で、必ず肩衣/狂言袴/紋腰帯とのセットで用いられます。

静止画
v-syo9.jpg
400×600、 40.6KB
能と狂言狂言の装束と面装束
紅段熨斗目(こうだんのしめ)
[はなびしじもんこうはくだんのしめ] 紅白の段がいかにもめでたい雰囲気を伝える段熨斗目です。大名の役、聟入(むこいり)する聟の役に用いられ、必ず素袍とのセットで用いられます。