[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
v-oto1.jpg
400×600、 43.7KB
能と狂言能の装束と面面・男
中将(ちゅうじょう)
高貴さと気品、憂いも含んだ面で虚無感、苦悩の表情が眉間のハの字に表れています。平家の公達などの役に使われる面です。『清経(きよつね)』などが有名です。

静止画
v-oto2.jpg
400×600、 37.7KB
能と狂言能の装束と面面・男
童子(どうじ)
神仙の化現としての美しい少年の面に妖精的な慈童と人間的な童子があります。これは可愛らしい少年の役がつけます。『枕慈童』『天鼓』『岩船』『田村』などで使われます。

静止画
v-oto3.jpg
400×600、 41.2KB
能と狂言能の装束と面面・男
喝食(かっしき)
喝食は有髪の少年僧の役で、喝食とは禅宗における半僧半俗の立場の人を言い、それを名前にした面です。前髪にふっくらとした頬、女面風の口元の美少年です。『自然居土(じねんこじ)』などのシテに用います。