[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
t-bgi1.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
土浦城(茨城県)
霞ヶ浦に臨む砂州上に築かれた水城。結城秀康が天正18年(1590年)に結城城と共に大改築、近世城郭とした。江戸時代には朽木、土屋、松平氏などが入城。今日太鼓櫓門などが残り、本丸西櫓、東櫓が復元されている。

動画
t-bgi2.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
高松城(香川県)
徳川家康の孫頼重(水戸光圀の兄)が12万石で入り、生駒親正の築いた城を大改修。瀬戸内の海水を堀に引き入れる海城とした。今日、天守台石垣、艮(うしとら)櫓、海からの大手口に当たる着見櫓と続多聞櫓、水門、旭門などが残る。

動画
t-bgi3.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
高崎城(群馬県)
慶長3年(1598年)上州箕輪城にあった井伊直政が築城。関東の平城の典型である土塁造りの城とした。江戸時代にはめまぐるしく城主がかわった。今日、新装された石垣上に移築された乾櫓があり、東門も移築保存されている。

動画
t-bgi4.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
忍(おし)城(埼玉県)
忍沼に浮かぶ水城。中世には成田氏の居城であったが、天正18年(1590年)豊臣方石田三成の水攻めで落城しなかった堅城。徳川家康は一族の松平家忠、忠吉、酒井忠勝を配し、近世の城とした。

動画
t-bgi5.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
今治城(愛媛県)
藤堂高虎が築いた芸予海峡を押さえる城。城は村上水軍の本拠能島と来島に隣接する海城。城の濠に港である船入を設けた。堀水と石垣の間には犬走と呼ばれる通路がみられる。今日では、復元された御金櫓、武具櫓、山里櫓と模擬天守がある。天守は史実では無い。

動画
t-bgi6.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
新発田城(新潟県)
慶長3年(1598年)溝口秀勝が入封し、三代信直の代まで56年間かけて築城。しかし寛文8年(1668年)すべてを焼失。その後築き直されたのが今の城址。天守のあった所に現存する隅櫓が移築保存され、本丸表門が現位置で残る。

動画
t-bgi7.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
岸和田城(大阪府)
小出秀政により紀伊水道を押さえるために築城。小出氏時代には今建つコンクリート天守と異なり下見板張で多聞櫓を伴う五層の大天守をあげた。小出氏入城前は和田氏、つづいて織田信張(のぶはる)などがいた。

動画
t-bgi8.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
福井城(福井県)
織田信長が築き柴田勝家を城代に置いた北庄城が前身。県庁の建つ福井城は徳川家康の次男結城秀康により改築され、四層五階の大天守と二基の小天守が本丸にあがっていた。福井とは天守にある「福の井」に由来。

動画
t-bgi9.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
赤穂城(兵庫県)
浅野長直(ながなお)が広島より分立し、慶安元年(1648年)に築いた。縄張は兵法者山鹿素行(やまがそこう)がおこなったが、既に武家諸法度が発布された後なので、天守は建てられなかった。今日大手門と本丸表門が復元されている。

動画
t-bgia.mpg
320×240、 2.74MB

みつめよう私たちの国土
城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
大垣城(岐阜県)
関ヶ原合戦で当初石田三成の本陣となった。今日の天守は第二次大戦で焼失した天守外容をコンクリート造りで復元したもの。二基の隅櫓も復元されたもの。「大きな垣根」という地名が示すよう東国と西国の境目の城だった。

動画
t-bgib.mpg
320×240、 2.74MB

みつめよう私たちの国土
城のある町水辺・平地に築かれた大名の城
富山城(富山県)
神保氏や佐々成政が居城した富山城は前田利家により改修。利家の子利長は金沢城を弟利常に譲り、富山城に入るが火災にあい、高岡城を隠居所とした。利常の次男利次は10万石を分知され、新たに富山藩が成立する。