[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
t-bfi1.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町丘に築かれた大名の城
久保田城(秋田県)
関ヶ原合戦で減封のうえ久保田に転封となった佐竹義宣により築かれた丘城。徳川幕府に対する配慮から天守は建てられず、石垣も土塁基部に止めた。本丸にあがった二重隅櫓も荒壁づくりのまま。今日、模擬の三重櫓が建てられている。

動画
t-bfi2.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町丘に築かれた大名の城
川越城(埼玉県)
河越とも記し、入間川に面した武蔵野の戦略拠点。河越氏が館城を築き、太田道灌により現在の位置に移された。戦国時代には激しい攻防が北条、上杉、武田氏間で行われた。近世城郭への改築は酒井氏によった。

動画
t-bfi3.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町丘に築かれた大名の城
唐津城(佐賀県)
唐津城は優雅な城で舞鶴城とも呼ばれる。唐津はその名の通り、大陸と日本を結ぶ海の玄関口であった。徳川家康は寺沢広高に命じ名護屋城に替わる押さえの城を築かせた。

動画
t-bfi4.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土城のある町丘に築かれた大名の城
伊賀上野城(三重県)
伊賀は東国と西国の境目にある盆地である。盆地中央にある上野城は、名築城家藤堂高虎が大坂城の豊臣方を意識して築いた城といわれる。西側の本丸石垣は直高では日本一高いといわれる。今は模擬天守が建つ。肖像画は城を築いた藤堂高虎。

動画
t-bfi5.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町丘に築かれた大名の城
大洲城(愛媛県)
肱(ひじ)川のほとりに城下町と共に良く保存されている城が大洲城。本丸の高欄櫓は五重天守と連結していた小天守で、上層の望楼廻縁が小天守の風格を伝える。隣に残る台所櫓も大天守と結ばれていた。見処が多い城である。

動画
t-bfi6.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町丘に築かれた大名の城
島原城(長崎県)
九州に数多い外様大名領国を牽制するため幕府は松倉重政を島原に封じた。築城は近年噴火の普賢岳の麓、火山灰層の丘上で、石垣構築に難行。8カ年の領民への課役が天草一揆の原因のひとつとなった。城内には天草一揆の大将であった天草四郎時貞(ときさだ)像が立つ。

動画
t-bfi7.mpg
320×240、 2.74MB

みつめよう私たちの国土
城のある町丘に築かれた大名の城
福山城(広島県)
毛利、浅野という大外様勢力と瀬戸内を押さえるため、徳川一族である水野勝成により元和8年(1622年)から築城。伏見城から多くの建築物を移した。現存する伏見櫓、筋鉄門(すじてつもん)は伏見城からの移築物。

動画
t-bfi8.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土城のある町丘に築かれた大名の城
白河小峯城(福島県)
寛永4年(1627年)棚倉城にあった丹羽長重は、奥羽の玄関口白河へ転封。搦手(からめて)城にかわり、壮大な石垣の堅城を築いた。天守にかわり御三階櫓をあげ、石垣上に二重櫓を建てた。

動画
t-bfi9.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町丘に築かれた大名の城
岡崎城(愛知県)
矢作川と菅生川の合流点台地上の城は徳川家康誕生の城として著名。豊臣大名田中吉政は、天守をあげ、石垣づくりの城にした。田中氏ののち諸大名が相継ぎ入城し明治に至った。今に見るコンクリート天守は、田中吉政が築城当時に建てたものを原型としている。

動画
t-bfia.mpg
320×240、 2.75MB

みつめよう私たちの国土
城のある町丘に築かれた大名の城
掛川城(静岡県)
日本で二条城と共に残る二の丸御殿は、城郭書院建築の代表的遺構。近世城郭への改築は山内一豊によった。一豊時代の天守を再現させたのが今日見る復興天守。御殿のほかに太鼓櫓が残る。