[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
t-abn1.mpg
320×240、 2.42MB

みつめよう私たちの国土
歴史のかおるまち近・現代の建物
東京中央停車場・東京駅(東京都)
東京中央停車場として辰野金吾の設計により明治41年から建築工事が始められ、大正3年に完成。ルネッサンス様式によるレンガ造りの設計は明治期の洋式建築の頂点を究める。空襲で焼失したが昭和29年再建され、東京の表玄関として現在も活躍している。

動画
t-abn2.mpg
320×240、 2.42MB

みつめよう私たちの国土
歴史のかおるまち近・現代の建物
産業奨励館・原爆ドーム(広島県)
元は産業奨励館という建物。昭和20年8月6日午前8時15分、上空600mで原子爆弾が爆発した。保存工事費用の半分が国内外からの募金で賄われ、平成8年には世界文化遺産に登録された。現在も被爆の惨禍と核兵器廃絶のメッセージを伝えている。

動画
t-abn3.mpg
320×240、 2.44MB

みつめよう私たちの国土歴史のかおるまち近・現代の建物
国会議事堂(東京都)
国会議事堂は我が国最高の立法府。白亜の殿堂の建物は大正9年から昭和11年までの17年をかけて完成。中央塔の高さは65.5m。向かって左が衆議院、右が参議院。近くには首相官邸、内閣府、議員会館などがある。

動画
t-abn4.mpg
320×240、 2.86MB

みつめよう私たちの国土
歴史のかおるまち近・現代の建物
国立競技場(東京都)
昭和39年10月10日、戦後の復興を物語る記念として日本で東京オリンピックの開会式がこの競技場で行なわれた。近代日本を象徴するスタジアムで、今はサッカーやさまざまな競技やイベントが行なわれている。

動画
t-abn5.mpg
320×240、 2.86MB

みつめよう私たちの国土歴史のかおるまち近・現代の建物
東京都庁(東京都)
新宿副都心に地上48階、高さ243mの高さを誇る。設計は丹下健三氏。首都東京の、世界でも有数な巨大都市の顔としてそびえたつ。展望室からは関東一円が望める。