[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
t-abj1.mpg
320×240、 2.41MB

みつめよう私たちの国土
歴史のかおるまち戦国時代の古戦場
川中島古戦場(長野県)
戦国時代、千曲川と犀川(さいがわ)との合流点付近で、甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信が戦った。五度も合戦があったが、勝敗はつかなかった。中でも四回目の合戦は激しいもので、その舞台となった八幡原に史跡公園が作られている。

動画
t-abj2.mpg
320×240、 2.44MB

みつめよう私たちの国土
歴史のかおるまち戦国時代の古戦場
桶狭間古戦場(愛知県)
戦国時代、織田信長が今川義元を尾張国桶狭間で破った。信長の奇襲により義元は敗死。この結果、信長の勢力は急激に伸びた。映像は豊明市にある史跡公園だが、もう一つ名古屋市緑区にもある。現在はどちらも住宅街の中にある。

動画
t-abj3.mpg
320×240、 2.43MB

みつめよう私たちの国土
歴史のかおるまち戦国時代の古戦場
姉川古戦場(滋賀県)
織田信長が浅井長政・朝倉義景の連合軍を近江国姉川で破った。血で血を洗う激戦で川の流れが血で赤く染まったということから、血原・血川橋の地名が残っている。この戦いで信長は勝利を収め和睦をしたが、のちに信長は両氏を滅ぼした。

動画
t-abj4.mpg
320×240、 2.38MB

みつめよう私たちの国土
歴史のかおるまち戦国時代の古戦場
賎ヶ岳古戦場(滋賀県)
豊臣秀吉が柴田勝家を近江国賤が岳で破った。山崎の戦いでの秀吉の声望を妬んだ勝家が戦ったが大敗し、秀吉の地位が確立した。山頂には碑が立ち古戦場が眺望できる。

動画
t-abj5.mpg
320×240、 2.39MB

みつめよう私たちの国土
歴史のかおるまち戦国時代の古戦場
関ヶ原古戦場(岐阜県)
徳川家康率いる9万余の兵の東軍と石田三成率いる8万余の兵の西軍とが美濃国関ヶ原で戦った。日本史上国内最大規模の戦いで天下分け目の関ヶ原ともいわれる。以後徳川政権が確立した。