[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


動画
t-aar1.mpg
320×240、 2.41MB

みつめよう私たちの国土
まちの産業農業の生産(野菜・根菜類等)
ジャガイモ畑(北海道)
7月。北海道の広大なジャガイモ畑に、白や紫がかった色のジャガイモの花が咲いている。北海道では広大な土地で大規模な栽培が行われることが多い。そのため収穫作業は大型のトラクターを用いて行われている。

動画
t-aar2.mpg
320×240、 2.39MB

みつめよう私たちの国土
まちの産業農業の生産(野菜・根菜類等)
コンニャク芋の収穫(茨城県)
コンニャクいもは春先に植え、寒さが厳しくなる前の11月頃に掘り起こし屋内に保管する。親いもについた生子(きご)を、春先に植え冬季は屋内に保管するという栽培方法を3〜4年繰り返す。コンニャクは大変手間のかかる作物である。

動画
t-aar3.mpg
320×240、 2.41MB

みつめよう私たちの国土
まちの産業農業の生産(野菜・根菜類等)
レンコンの収穫(千葉県)
10月。レンコンの収穫が行われている。広大な田で栽培されるレンコンは、腰まで水に浸かりながら強力なポンプから吹き出す水圧を利用して掘り出される。掘り出した後、形を整え機械できれいに洗われて出荷される。

動画
t-aar4.mpg
320×240、 2.41MB

みつめよう私たちの国土
まちの産業農業の生産(野菜・根菜類等)
トマトの収穫(新潟県)
8月。赤く実ったトマトを一つひとつ手で摘み取っている。この畑で収穫された完熟トマトは、主にジュースなどの加工用として出荷される。加工用トマトは生食用に比べてリコピンなどの栄養素を多く含んでいる。

動画
t-aar5.mpg
320×240、 2.43MB

みつめよう私たちの国土
まちの産業農業の生産(野菜・根菜類等)
キャベツの収穫(新潟県)
8月。大きな葉を繁らせたキャベツが、広々とした耕地で一つずつ人の手により収穫されている。涼しい気候を利用して育てられたキャベツは、外側の葉を包丁で切り落とし、形を整えて集荷場に出される。

動画
t-aar6.mpg
320×240、 2.41MB

みつめよう私たちの国土
まちの産業農業の生産(野菜・根菜類等)
ウメ栽培(福井県)
5月。大きな緑色の実がいくつもウメの枝についている。ウメは山裾の傾斜地で栽培されることが多い。果実は梅干しや梅酒など、さまざまな食品に加工される。

動画
t-aar7.mpg
320×240、 2.37MB

みつめよう私たちの国土
まちの産業農業の生産(野菜・根菜類等)
ラッキョの栽培(福井県)
乾燥や低温に強いラッキョは、砂丘地帯でよく栽培されている。葉は夏に枯れてしまうが、秋になると茎の先に薄紫色の花を咲かせ、翌春収穫される。古くは薬用にも用いられたが、現在は主に酢漬けや塩漬けにして利用される。

動画
t-aar8.mpg
320×240、 2.38MB

みつめよう私たちの国土
まちの産業農業の生産(野菜・根菜類等)
サトイモの収穫(福井県)
10月のサトイモ畑での収穫である。サトイモの葉を鎌で切り取り、土の中から掘り出す。掘った芋についている土を丁寧に落とし、収穫していく。茎は「ずいき」といい、食用になる。