[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
t-cci1.jpg
600×400、 108.9KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
寛永寺・旧本坊表門
寛永寺は三代将軍徳川家光の命により、天海大僧正によって寛永2年(1625)に創建された。慶応4年(1868)の彰義隊と官軍との戦いでその殆どを焼失したが、この旧本坊表門のみ戦火を免れた。重要文化財である表門には、当時の銃弾の後が残っている。

静止画
t-cci2.jpg
600×400、 123.1KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
寛永寺・根本中堂
寛永寺は三代将軍徳川家光の命により、寛永2年(1625)に慈限大師天海大僧正が創建した寺である。慶応4年(1868)の上野戦争により旧本堂が焼け落ちたため、現在の本堂は明治12年(1879)に埼玉県川越市の喜多院本地堂を移築したものである。

静止画
t-cci3.jpg
600×400、 129.8KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
寛永寺・清水観音堂
寛永2年(1625)に寛永寺を創建した天海大僧正は、その後上野忍が岡に次々に堂舎を建立した。寛永8年(1631)に建立された清水観音堂もその一つで、京都、清水寺の春海上人から送られた千手観世音菩薩を祀る。

静止画
t-ccj1.jpg
600×400、 75.2KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
護国寺・本堂
徳川五代将軍綱吉の生母桂昌院(けいしょういん)の発願により、幕府所属の高田薬園の地に建てられた、真言宗豊山派の寺。本堂の規模の大きさと柱の太さは雄大で、当時の幕府造営寺院の規模の大きさを教えられる。

静止画
t-ccj2.jpg
400×600、 59.8KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
護国寺・多宝塔
円形平面の宝塔の下に裳階(もこし)をつけた塔で、釈尊・多宝の二仏や大日如来をまつる。相輪(そうりん)から四方に鎖がかけられているのが多宝塔の特徴。多宝塔は平安時代に日本で考えられたもので、中国や朝鮮半島では見られない。

静止画
t-ccl1.jpg
600×400、 66.9KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
泉岳寺・本堂
播州赤穂藩主浅野家の菩提寺で有名な寺。本堂は昭和20年(1945)の空襲で焼失し、昭和28年(1953)に再建落成した鎌倉様式の建物である。細川斉宣公の書である中央の額にある「獅子吼」は釈迦の大説法を表す言葉である。

静止画
t-ccl2.jpg
400×600、 87.4KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
泉岳寺・大石内蔵助良雄の墓
曹洞宗の寺院で本尊の一つは摩利支天(大石内蔵助良雄)。播州赤穂藩主浅野家の菩提寺で、境内には刃傷事件で切腹した浅野長矩の墓があり、また、主君の仇を成し遂げた大石良雄ら四十七義士の墓がある。

静止画
t-ccm1.jpg
600×400、 105.8KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
浅草寺・雷門
推古天皇36年(628)、郷族の桧熊浜成・竹成の兄弟が、漁労中にみつけた観音像を供養したのが始まりと伝えられる寺。雷門は正しくは風雷神門といい、右に風神像、左に雷神像が安置されている。

静止画
t-ccm2.jpg
600×400、 72.4KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
浅草寺・観音堂
観音堂は日本最古の観音信仰寺である浅草寺の本堂である。戦災で焼失したが、昭和33年(1958)に再建された。間口34.5m鉄筋コンクリート製の入母屋造りで、内陣中央には本尊である聖観世音菩薩を安置する御宮殿がある。

静止画
t-ccm3.jpg
400×600、 68.1KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(か〜せ)
浅草寺・五重塔
浅草寺の五重塔は平公雅により天慶5年(942)に建立されたが、数度の火災で焼失。徳川家光をはじめ、その都度再建されてきた。高さ53.32mの現在のものは、昭和48年(1973)に建てられたもので、鉄骨・鉄筋コンクリート造りである。