[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
t-ccn1.jpg
600×400、 78.8KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
増上寺・大殿
昭和49年(1974)に建築された堂で、念仏道場、諸儀式法要などが執行される。浄土宗の大本山である増上寺は、徳川家の菩提所でもあり、徳川秀忠など6人の将軍、正室、側室などが埋葬されている。

静止画
t-ccn2.jpg
600×400、 77.6KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
増上寺・本阿弥陀如来像
浄土宗大本山増上寺の本堂に安置されている本阿弥陀如来像は、室町時代末期の作と伝えられる。両脇には高祖善導大師、元祖法然上人の各像が祀られており、参詣者の信仰を集めている。

静止画
t-cco1.jpg
600×400、 92.7KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
題経寺(柴又帝釈天)・山門
寛永6年(1629)に創建された日蓮宗経栄山題経寺の山門である。元来寺院は山にあったことから、寺院の門を総じて「山門」と呼ぶ。この寺は柴又帝釈天として庶民に親しまれている。

静止画
t-cco2.jpg
600×400、 90.5KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
題経寺(柴又帝釈天)・本堂全景
寛永6年(1629)に創建された日蓮宗経栄山題経寺の本堂である。板本尊である帝釈天は仏法守護の勇猛神で、除病、延寿の神として信仰され、柴又帝釈天として親しまれている。

静止画
t-ccp1.jpg
600×400、 89.8KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
富岡八幡宮・拝殿
東京の下町雰囲気漂う中、東京では珍しい二層からなる社殿を持つ神社。境内ではフリーマーケットや骨董市が開かれ、今も賑わいを見せる。夏に行われる祭礼は、日枝神社、神田明神と並び、江戸三大祭りと称される。

静止画
t-ccp2.jpg
600×400、 82.8KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
富岡八幡宮・横綱力士碑
富岡八幡では貞享元年(1684)から江戸勧進相撲が始まった。境内には横綱力士碑をはじめ、大関力士碑などのいくつかの相撲祈念碑がある。横綱力士碑は24トンの巨石で、歴代横綱の名が刻まれている。

静止画
t-ccq1.jpg
600×400、 101.4KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
根津神社・楼門
この地は六代将軍徳川家宣が生まれた地であることから、五代将軍綱吉は徳川家の産土神を造営した。社殿は典型的な権現造りで、見事な楼門をはじめ、本殿、拝殿などが国の重要文化財に指定されている。

静止画
t-ccq2.jpg
400×600、 101.6KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
根津神社・稲荷参道
日本武尊創祀と伝えられる根津神社は、駒込の総鎮守として信仰されてきた。参道に続くたくさんの鳥居は、独特の景観を見せている。つつじの名勝地として知られる庭園は、花の季節には多くの観光客で賑わう。

静止画
t-ccr1.jpg
600×400、 96.5KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
日枝神社・神門
徳川家の産土神とされる日枝神社の神門には、神使である夫婦猿の像が安置されている。子どもへの愛情が強いといわれる猿の姿が表され、夫婦円満や安産子育て、家門繁栄を願う参拝者が多く訪れる。

静止画
t-ccr2.jpg
600×400、 83.8KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(関東)東京都(ぞ〜ひ)
日枝神社・稲荷参道
山王稲荷神社をはじめとする末社(小さな神社で本社に付属する社)へ続く稲荷参道には、商売繁昌や心願成就を願う人々より奉納された赤い鳥居や幟が連なり、独特の景観を呈している。