[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
t-cmi1.jpg
600×400、 91.9KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(九州)福岡県
筥崎宮・鳥居
宇佐、石清水とともに日本三大八幡宮の一つに数えられ、応神天皇、神巧皇后、玉依姫の三体を祭神とし、延長元年(923)の創建と伝えられる。重要文化財に指定されている一の鳥居は、島木・笠木の先端が丸く、柱の下部が極端に太い独特の形をしている。

静止画
t-cmi2.jpg
600×400、 88.2KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(九州)福岡県
筥崎宮・楼門
日本三大八幡宮の一つに数えられる筥崎宮の楼門は重要文化財に指定され、醍醐天皇宸筆の「敵國降伏」の額が掲げられ伏敵門ともいう。正月行事の“玉せせり”では木製の霊珠を氏子達が奪い合い、最後に楼門の神職に手渡した者は吉運に恵まれるという。