[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
t-cak1.jpg
600×400、 100.6KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(東北)宮城県(お〜し)
大崎八幡宮・鳥居
慶長12年(1607)伊達政宗によって創建された。仙台では古くから十二支の生まれの神を信仰する風習があり、戌亥の神がまつられている。手前から2番目に見える二の鳥居は、1688年に岩手県産の花崗岩を使って作られた明神鳥居である。

静止画
t-cak2.jpg
600×400、 83.2KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(東北)宮城県(お〜し)
大崎八幡宮・拝殿
華麗な造りの拝殿は、安土桃山時代の我国最古の建造物として国宝に指定されている。毎年1月14日には、正月神送りの神事である「どんと祭」が行われ、無病息災、家内安全を願う多くの参拝者が訪れる。

静止画
t-cam1.jpg
600×400、 88.9KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(東北)宮城県(お〜し)
塩竈神社・拝殿
東北鎮護、奥州一之宮と称される塩竃(しおがま)神社は、朱塗り入母屋造りの拝殿の後ろに「左宮(祭神:たけみかずち)」「右宮(祭神:ふつぬし)」2つの本殿がある、独特の形態をしている。海上安全や安産祈願などの神として信仰を集めている。

静止画
t-cam2.jpg
600×400、 98.5KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(東北)宮城県(お〜し)
塩竈神社・楼門
海上安全、大漁、家内安全、延命長寿、安産守護の神として信仰を集める、1200年以上の歴史を持つ神社である。石段をのぼると表門である三間一戸の楼門がそびえる。