[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
t-cel1.jpg
600×400、 105.9KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(中部)新潟県
妙宣寺・山門
日蓮宗佐渡三本山の一つに数えられている妙宣寺は、佐渡に配流中の日蓮聖人に深く帰依した阿仏房(あぶつぼう)と、その妻千日尼(せんにちあま)の住居を寺としたのが始まり。寺院は元来山にあったことから、寺院の門を「山門」と呼ぶ。

静止画
t-cel2.jpg
600×400、 105.1KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(中部)新潟県
妙宣寺・本堂
佐渡三本山の一つである妙宣寺は、日蓮聖人に深く帰依した阿仏房(あぶつぼう)、千日尼(せんにちあま)夫妻の住居を寺としたのが始まり。流罪中であった日野資朝(すけとも)公、唯一の遺品である自筆の法華経が伝えられており、重要文化財に指定されている。

静止画
t-cem1.jpg
600×400、 103.9KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(中部)新潟県
林泉寺・本堂
上杉謙信の祖父長尾能景(よしかげ)が、その父重景(しげかげ)のため、明応6年(1497)に建立した上杉家の菩提寺。謙信が青年時代に宗教教育を受けた寺で、境内の墓所には川中島戦死者の供養塔がある。また、室町時代の庭園や惣門が見事である。

静止画
t-cem2.jpg
600×400、 82.2KB
みつめよう私たちの国土お寺・神社(中部)新潟県
林泉寺・上杉謙信木像
林泉寺は春日山城の麓にある寺で、幼い頃の上杉謙信は、六代目の住職によって厳しい教えを受けたという。謙信の遺品も数多く残されている。謙信の遺体は米沢に移されているが、ここにも謙信を祀る五輪塔がある。